iPhone

AT&Tの2011年度第4四半期中に販売された940万台のスマートフォンのうち、iPhoneは760万台と約8割を占める

AT&Tが、2011年度第4四半期の決算報告を発表し、四半期中に販売された940万台のスマートフォンのうち、iPhoneは760万台と約8割を占めたと報告しています。またスマートフォンは、全体の売上のうち82%を占めることも明らかにしています。

AT&Tは、99セントのiPhone 3GS/8GBや、iPhone 4の再生整備品などの販売を開始していて、モデル数が多いのも売れた理由の1つと考えられます。

Verizon Wirelessの場合、2011年度第4四半期の決算報告の中で、販売された携帯端末のうち44%がスマートフォンだったと明らかにしていますが、iPhoneの販売数についての説明はありません。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事