iPhone

カンター・ジャパン:1年以内に買い替えを予定している人のうち、次もiPhoneを買おうと考えている人の割合は82%、サムスンは27%という結果に

カンタージャパンより

カンタージャパンより

カンター・ジャパンが、2014年1月から3月にかけて日本で実施した調査結果により、現在、iPhone所有者でこれから1年以内に買い替えを予定している人のうち、次もiPhoneを買おうと考えている人の割合は82%だったと報告しています。

アメリカでは88%、中国(都市部)では41%という結果で、日本とアメリカで高い支持を受けていることが分かったそうです。

調査時期は2014年1月〜3月、対象は16歳以上の男女で、対象者数は10,000人/月(日本)、20,000人/月(アメリカ)、15,000人/月(中国)で行った結果だそうです。


カンタージャパンより

カンタージャパンより

一方、1年以内に買い替えを予定しているサムスンのスマートフォン所有者のうち、次もサムスンの機種を買うと回答した人の割合は、日本で27%。アメリカでは76%、中国(都市部)では46%という結果だったそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事