Rumor

Bloomberg:WWDC2018でハードウェアの発表はほぼない?

Bloombergが、WWDC2018において、現在開発中のMacBook Pro (2018)、MacBook (2018)、Face ID搭載iPad Proなどは発表されないと伝えています。

WWDC2018で発表されると予想される内容として、iOSデバイスの中毒性を下げる目的で、どれだけの時間使用しているかを監視する機能を設定に追加するのではないかと予想しているそうです。


ユーザー同士が同じ仮想空間でゲームをプレイできる機能などを追加した「ARKit 2.0」は、2020年発売を目指して開発されているVRデバイスのための布石だと考えているそうです。

その他にMac App Storeのリニューアル、HomePodに関連するSiri機能のアップデートなどが予定されているが、OSのコア部分は変わらず、安定性を重視していることを強調するのではと予想しているそうです。

Appleは、WWDCにおいて、2017年、2013年にハードウェアを発表していますが、2014年〜2016年の3年間はOSに関する発表に集中しており、WWDCの主題であるmacOSやiOS関連が基本となるパターンが多いです。

HomePodが加わったことで、OSだけでも、macOS、iOS(iPad専用機能含む)、watchOS、tvOS、HomePod OSなど複数に渡り、これらのメイン機能を説明するだけで時間を消費し、さらにサブスクリプションシステムなどを加えると、時間一杯になるのではないかと思います。


関連エントリー
次期macOS 10.14で、Mac App StoreにもTodayが採用される?
App Storeと同じユーザーレビューの並べ替えが他のAppでも可能になる?
Bloomberg:Apple、Apple TV Appでサブスクリプションサービスの提供を計画中?
Bloomberg:Apple、買収したTextureとApple News Appを統合しプレミアムサブスクリプションサービスを提供する計画?
Bloomberg:コードネーム「Peace」と呼ばれる次期iOS 12の新機能をスクープ
Bloomberg:Apple、App StoreのようにiBookも一新する計画
Bloomberg:Apple、iOSアプリとmacOSアプリの統合ユニバーサル開発を検討中?
9to5Mac:Apple、サードパーティ製watch facesをサポートする計画?
DigiTimes:Apple、次期MacBook Airの発売を2018年下半期に延期?


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事