NEWS

New York Times:Apple、元AppleのCDOだったJony Ive氏とのデザインコンサルティング契約を終了

New York Timesが、Appleは、同社の元チーフ・デザイン・オフィサーだったJony Ive氏とのデザインコンサルティング契約を解消したと伝えています。

Ive氏が2019年にAppleを離れ、自身のデザイン会社LoveFromを立ち上げた際、Appleは彼と1億ドル以上に相当する複数年契約を結び、Appleは彼の会社の主要なクライアントとなったと、契約を知る人々は述べているそうです。

この契約により、Ive氏はAppleが競争相手とみなす仕事を引き受けることを制限され、来年出荷予定の拡張現実(AR)ヘッドセットなど、将来の製品開発にデザイナーが情報を提供することが保証されたと、関係者は述べているそうです。

この数週間、契約の更新時期が迫っていたため、両者は契約を延長しないことで合意したそうで、Appleの幹部の中には、AppleがIve氏に支払っている金額に疑問を持ち、同社のデザイナーが何人かIve氏の事務所に移ったことで不満を募らせている者もいたようです。

Ive氏側も、Appleの許可を必要とせずにクライアントを引き受ける自由を望んでいたと、これらの関係者は述べていそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事