iOS

iOS 15/iPadOS 15:写真やカメラを使ってテキスト認識表示する方法(日本語非対応)

写真のテキスト認識表示

写真のテキスト認識表示

iOS 15/iPadOS 15から、すべての写真の中のテキストが完全にインタラクティブになり、コピー&ペースト、検索、翻訳などの機能が使える「写真のテキスト認識表示」が利用可能です。

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR以降で利用可能です。

テキスト認識表示は、写真アプリ、スクリーンショット、クイックルック、Safari、カメラアプリのライブプレビューに対応しますが、英語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語がサポートされ、日本語は含まれていません。


設定:テキスト認識表示

設定:テキスト認識表示

この機能は、現時点でデフォルトでは有効になっていません。

設定>一般>言語と地域にある「テキスト認識表示」ボタンをオンにすると利用可能になります。


言語と地域

言語と地域

また、iOSの設定>一般>言語と地域で、使用する言語の優先順序で、一番上に「English」などに変更し再起動することでも利用可能になります。


ビジュアルルックアップ

ビジュアルルックアップ

言語と地域を切り替えると、写真を上にスワイプしたり、情報ボタンをタップすると、認識した対象物やシーンがハイライト表示され、世界で人気のあるアートやランドマーク、自然の中にある草花、本、ペットの種類などを詳しく知ることができる「ビジュアルルックアップ」機能が利用可能になります。


ビジュアルルックアップ

ビジュアルルックアップ

カメラ内の右下に表示されているテキスト認識ボタンをタップすると、カメラで表示しているプレビュー画面上で文字が認識されていることを示すハイライト表示に変わります。

ただ、サポートされていない日本語のテキスト認識は不完全な状態となります。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事