iOS

iOS 15:Safari 15の新機能

iOS 15:Safari 15

iOS 15:Safari 15

iOS 15に搭載されたSafari 15から、スタートページのデザインが新しくなっています。

これまでのお気に入り、よく閲覧するサイト、Siriからの提案に加え、プライバシーレポート、リーディングリスト、iCloudタブが追加されています。

また、これまで一番上に表示されていた検索フィールドが、画面の一番下に移動し「タブバー」として表示されるようになっています。

検索フィールド上のマイクをタップして音声検索も可能です。

ウェブページを更新したい時は、ページの上から下に引っ張ります。


iOS 15:Safari 15のスタートページ編集

iOS 15:Safari 15のスタートページ編集

スタートページは、画面の一番下にある「編集」ボタンをタップすることで、スタートページ編集を行えます。

お気に入り、よく閲覧するサイト、Siriからの提案に加え、プライバシーレポート、リーディングリスト、iCloudタブの表示順の変更や非表示設定が行えます。

また、Safariの背景イメージを変更するこも可能です。


iOS 15:Safari 15のタブ表示

iOS 15:Safari 15のタブ表示

タブ表示も新しくなり、タブを切り替えるには、アドレスバー上で左右にスワイプします。

上にスワイプすれば、開いているすべてのタブを一覧できます。

これまで複数のタブは複数重なって表示されていましたが、新しいタブ表示では、サイトのサムネイルが平配置に変更されています。


iOS 15:Safari 15のタブグループ

iOS 15:Safari 15のタブグループ

タブをグループ化してまとめ、タブの保存と整理ができる「タブグループ」機能が追加されています。

タブの切り替えも簡単で、タブグループはデバイス間で同期することが可能で、どこからでもタブにアクセスできます。

タブの概要では、開いているタブがグリッド表示されるようになり、開いているタブの確認やタブ間の切り替えが簡単になります。

「タブの概要」ボタンをタップするか、タブバーを上にスワイプすると、すべてのタブが表示されます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事