iOS

iOS 15/iPadOS 15:新しいデバイスへの移行時に容量に関係なく一時的なiCloudバックアップ作成が可能に

iOS 15:新しいiPhoneの準備

iOS 15:新しいiPhoneの準備

iOS 15/iPadOS 15から、新しいデバイスへの移行時に、iCloudストレージにバックアップを作成するための十分な空き容量がなくても、、一時的なiCloudストレージを使い、新しいiPhoneやiPadにデータ移行するためのバックアップ作成が可能になりました。

設定>一般>の下の方に「転送またはiPhoneをリセット」(または転送またはiPadをリセット)項目が用意されています。

この一時的なバックアップは最大3週間(バックアップを作成してから21日後)、無料で提供されます。

新しいiPhoneの準備の説明にある「開始」をタップします。


iOS 15:新しいiPhoneの準備

iOS 15:新しいiPhoneの準備

バックアップはバックアップした時点でのデータではなく、Appとデータは自動的にバックアップされ、新しいiPhoneもしくはiPadを設定するまで常に最新の状態に保たれます。

新しいiPhoneまたはiPadの設定が完了したあとは、iCloudストレージをアップグレードしてiCloudに全て保持するか、以前のストレージプランに戻すかを選択できます。


iOS 15:新しいiPhoneの準備

iOS 15:新しいiPhoneの準備

この一時的なiCloudストレージのバックアップは、iCloud同期していないアプリのデータもバックアップとして含めることが可能な「すべてのAppのデータを移行」の項目が用意されています。

iCloudに同期していないアプリがある場合に表示され、同期するかしないかを選べます。

アプリを同期するを選んだとしても、通常のiCloudストレージを消費することはありません。


iOS 15:新しいiPhoneの準備

iOS 15:新しいiPhoneの準備

この後、iCloudストレージへのバックアップがバックグラウンドで開始されます。

バックアップが進行している状況は設定のトップ画面に表示されます。

その後は、新しいiPhoneまたはiPadのセットアップ時に、これまでも利用可能なiCloudのバックアップから復元する手順を行います。

21日後にiPhoneまたはiPadが届かない場合、さらに延長をリクエストすることも可能です。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事