Apple

Apple、2022年度第2四半期決算報告を発表、前年同期比9%増の973億ドルで過去最高を記録

Appleが、2022年度第2四半期の決算報告を発表しています。当四半期の売上高は973億ドル、純利益は250億ドル、希薄化後の1株当り利益は1.52ドル。前年同期の業績は、売上高が896億ドル、純利益は236億ドル、希薄化後の1株当り利益は1.40ドル、当四半期の米国市場以外の売上比率は58%だったと報告しています。


各地域別の売上高は、昨年同期と比べて、アメリカは19%増、ヨーロッパは4%増、中国は3%増、日本は1%減、その他アジアは7%減となっています。


過去の同四半期と比較すると、Macintoshの場合、売上高は104億ドルで昨年同期と比べて15%増となり、Macの販売は大幅に向上しています。

iPhoneの売上高は506億ドルで昨年同期と比べて5%増となり、iPadの売上高は76億5,000万ドルで昨年同期と比べて3%減となっています。

AppleはiPadの売上高減の理由について需要ではなく供給数の制約によるものと説明しています。


その他のiTunesとソフトウェアの売上は、AppleCareやApple Payライセンス料金などが含まれる「Services」の売上高は198億ドルで、昨年同期と比べて17%増となっています。

Apple Storeにおけるサードパーティ製アクセサリーの売上を加えたアクセサリーの売上に、Apple TV、iPod、Beats製品が加わる「Wearables, Home & Accessories」の売上高は88億ドルで、昨年同期よりも12%増となっています。


LucaMaestri CFOは、2022年度第2四半期決算報告カンファレンスコールの中で、ロシアによるウクライナ侵攻を受けロシアから撤退したことに加え、新型コロナウイルスによる中国工場停止などにより、2022年度第3四半期は40億ドルから80億ドルの影響を受けると見込んでいると述べています。


関連エントリー
Apple、2021年度第2四半期決算報告を発表、収益54%増の新記録
Apple、2020年度第2四半期決算報告を発表、昨年同四半期を維持
Apple、2019年度第2四半期決算報告を発表、昨年同期比で売上高5%減
Apple、2018年度第2四半期決算報告を発表
Apple、2017年度第2四半期決算報告を発表
Apple、2016年度第2四半期決算報告を発表
Apple、2015年度第2四半期決算報告を発表
Apple、2014年度第2四半期決算報告を発表
Apple、2014年度第2四半期における日本のiPhone売上高は昨年同期比で2倍と説明
Apple、2013年度第2四半期決算報告を発表
Apple、2012年度第2四半期決算報告を発表
Apple、2011年度第2四半期の決算報告を発表。iPhone売上113%増
Apple、2010年度第2四半期の決算報告を発表。iPhoneは昨年同期より230%増加


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事