Mac OS X

OS X LionのLaunchpadで、エイリアスを上手く利用する

Launchpad

Launchpad

OS X LionLaunchpadは、ホームのアプリケーションフォルダの中にあるアプリケーションが自動的に登録されます。

Mac App Storeからダウンロードするアプリケーションは、全てホームのアプリケーションフォルダに登録されることを前提に設計されているためか、アプリケーションフォルダ以外にあるアプリケーションは自動登録されません。

例えば、iMac (Mid 2011)を、B.T.O.でSSDドライブを選択した場合、容量の問題で、HDドライブ側にアプリケーションを退避させて使用していたり、Mac OS X Snow Leopardと併用して使用し、多くのアプリケーションは、Mac OS X Snow Leopard側のアプリケーションフォルダの中にある場合などが考えられます。

そうしたアプリケーションは、Launchpadにアイコンをドラッグするだけで登録することが出来ます。


Launchpadは、Mac App Storeからダウンロードしたアプリケーション以外は、アプリケーションのアイコンを長押し(optionキーでも可)して削除することが出来ません。

実際は、Mac App StoreでダウンロードしていないアプリケーションでもLaunchpadから削除することは可能です。ただ、アプリケーションがMacから削除された場合でなければ機能しません。

Mac App Storeからダウンロードしたアプリケーションは再ダウンロードすれば良いのですが、アドビ システムズのアプリケーションなど、インストーラーを使用しなければ再インストール出来ないアプリケーションの場合は面倒です。

そこで、アプリケーションのエイリアスを作成し、そのエイリアスをLaunchpadにドラッグして登録します。

エイリアスがLaunchpadに登録され、アイコンをクリックすると該当アプリケーションが起動します。



Launchpadから削除したい場合は、先にエイリアスファイルをゴミ箱に移動して削除し、Launchpadからエイリアス登録したアイコンをクリックすると「?」が表示され、角に「X」が表示されます。

この「X」をクリックするとLaunchpadから削除でき、実態アプリケーションは残ったままになります。


FileClipper

FileClipper

このエイリアスを使ったLaunchpad登録はフォルダに対しては利用出来ません。

別の場所のアプリケーションフォルダの中をLaunchpadに登録するには「シンボリックリンク」を使用することが出来ます。

今回は「FileClipper」を使って、フォルダのシンボリックリンクを作成してみました。

作成したフォルダのシンボリックリンクをLaunchpadにドラッグすると、そのフォルダの中のアプリケーションがLaunchpadに登録されます。


ただ、このシンボリックリンクを使って登録した場合、シンボリックリンクファイルを削除してもLaunchpadから登録されたアプリケーションは削除されません。

その理由は、アプリケーションの実態ファイルが残ったままだからです。

Launchpadに登録されたアプリケーション情報をリセットするには、Finderメニューで、optionキーを押しながら移動>ライブラリを選択し「Application Support>Dock」にある「.db」ファイルをゴミ箱に移動し、再ログインするとLaunchpadがリセットされ、ホームのアプリケーションフォルダにあるアプリケーション情報だけになります。


エイリアスを登録した場合、後からLaunchpadで削除出来る点はかなりのポイントだと思うので、私は、エイリアスを上手く使うことをお薦めします。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事