Rumor

DSCC、AppleのAR/VRヘッドセットは3つのディスプレイを搭載すると予想

2022年FPD産業10予測ホワイトペーパー

2022年FPD産業10予測ホワイトペーパー

ディスプレイ関連分析における世界的なプロフェッショナル・リサーチファームDSCCは、2022年の市場予測「2022年FPD産業10予測ホワイトペーパー」を無料公開しています。

この中で、AppleのAR/VRヘッドセットは3つのディスプレイを搭載すると予想されています。


2022年FPD産業10予測ホワイトペーパー

2022年FPD産業10予測ホワイトペーパー

AppleのAR/VRヘッドセットは2022年後半に発売され、VRとパススルーARの両モードを搭載すると予想されていて、2つのMicro OLEDディスプレイと1つのAMOLEDパネルという3つのディスプレイモジュールを搭載した革新的なディスプレイ構成になると予測されるそうです。

Micro OLEDのサプライヤーは、ソニーセミコンダクタソリューションズと予想され、このディスプレイがApple向けに開発されたことは十分に考えられ、最終的なスペックは非常に似ているかもしれないそうです。


SONY OLEDマイクロディスプレイ

SONY OLEDマイクロディスプレイ

ソニーは先日、画素ピッチ6.3μm(約4,000PPI)のVR用4Kディスプレイ「OLEDマイクロディスプレイ」を発表しています。

仮に4000×4000画素とすると、対角寸法は1.4インチとなり、ソニーのマイクロディスプレイは、WOLEDをベースにカラーフィルタを搭載しています。


2022年FPD産業10予測ホワイトペーパー

2022年FPD産業10予測ホワイトペーパー

AppleがAMOLEDパネルを低解像度の周辺視野に使用することで、広い視野角と高い解像度と得られるVRで利用されている「Foveated Display方式」を実現することが考えらるそうです。

ヘッドセットに2種類のディスプレイが搭載されるのは、これが初めてではなく、Varjoは以前、高解像度のMicro OLEDディスプレイと低解像度のMiniLED LCDパネルを光学的に組み合わせることでフォベーションを実現したことがあります。


SONY OLEDマイクロディスプレイ

SONY OLEDマイクロディスプレイ

このような高度なディスプレイ構成は、高価格になり、Apple社のヘッドセットは、数千ドルすると予想されます。

第一世代のヘッドセットは、プロフェッショナルや開発者をターゲットにしたハイエンドなデバイスになり、AR/VRにおけるAppleのエコシステムを拡大させると想定しています。

また、噂によると、このデバイスはハンドトラッキングを可能にする複数のカメラと、おそらくLiDARセンサーを搭載することになり、Appleは、このヘッドセットに強力なモバイルCPUとGPUを搭載する可能性が高いと予想しているそうです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事