NEWS

CNBC:Tim Cook CEO、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの需要に供給が追いついていないとコメント

CNBC:Apple beats but comes up light on iPhone sales and services

CNBC:Apple beats but comes up light on iPhone sales and services

CNBCが、Appleの2022年度第4四半期に関して、Tim Cook CEOへのインタビュー内容を伝えています。

Tim Cook CEOは「我々は今、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの販売に制約を受けており、発売以来ずっとそうでした。需要に供給が追いついていない状況を解決するために努力しています。」と話し、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの需要に供給が追いついていないと話したと伝えています。

Tim Cook CEOは、他のスマートフォン企業が最近の需要の減少に苦しんでいる兆候があるにもかかわらず、AppleのiPhone販売の実績は好調であると示し、同社は「スイッチャー」(Android端末からの乗り換え)を増やしたと述べたそうです。

Apple MusicとApple TV+の値上げについてTim Cook CEOは「値上げはAppleのサービス業績とは「切り離されたもの」例として値上げを見ると、Apple Musicは、ライセンスコストが増加した。」と説明したそうです。また、AppleのApp Storeを通じたアプリの購読を含む総契約数が9億に達していると説明しています。

また、どのようにコスト削減を図っているのか質問したところ、Tim Cook CEOは「私たちは意図的に雇用しています。採用のペースを落とし、人員削減とコモディティ分野でのコスト削減を進めています。雇用のペースを落とし、コモディティへの貯蓄を図るということです。つまり、スマートフォンやPCの需要が軒並み減少する中で、Appleにとってメモリチップのようなものが安くなっているということです。」と話し、採用のペースを落としていることを認め、外国為替の影響で、部材調達コストが下がっていると明かしたそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事