iPhone App Store

URL認識も出来る「QRバーコード」を試す

QRバーコード

QRバーコード

Ryo Shimizuが、iPhone用QRコード読取り/作成アプリ「QRバーコード」を、App Storeにて販売を開始していたので試してみました。

アプリを起動すると最初は画面になにも表示されません。


下の読込みをタップするとiPhone 3Gのカメラが起動します。

このアプリは、とりあえずカメラで撮影して、撮影された写真をピンチ操作で拡大縮小することができます。

iPhone 3Gのカメラにはオートフォーカスがないので小さいQRコードだとボケて認識出来ない場合が多いですが、この拡大縮小機能があることで、認識される確立があがる気がします。


写真を使用ボタンをタップすると、QRコードの解読がされ、アドレスデータのQR情報として連絡先に書き込むことが出来ます。

ただ、本来、携帯電話でQRコードを利用する頻度は、お店情報やサイト情報などのURL情報を読取るために使用する方が高いと思います。

そこで、ヨドバシカメラの店頭で配布されている「ケータイ活用ガイド」に掲載されていたサイト誘導QRコードを読取ってみました。

すると、URLとして認識され、Safariでそこに飛ぶことが出来ました。

他のQRコードアプリだと単にテキスト情報としてだけ認識されるだけの方が多いのですが、これは実用的なQRコードアプリかもしれないと思いました。


また、QRコード作成機能も搭載されていて、連絡先からQRコード化したい情報を選択すると、iPhone 3G用、NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの他携帯用のQRコードが作成されます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事