iPhone

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxをチェック(米国モデル)

iPhone 14 Pro

iPhone 14 Pro

Appleが発表した新型iPhone「iPhone 14 Pro」・「iPhone 14 Pro Max」をチェックしてみました。

A16 Bionicチップを採用し、2つの高性能CPUコアと4つの高効率CPUコア、GPUは5コア、Neural Engineは16コア仕様となります。

スペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープパープルの4色がラインアップされています。

なお、今回のレビュー用iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxは、アメリカで販売されるデュアルeSIMモデルとなります。


iPhone 14 Pro

iPhone 14 Pro

ProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイを搭載し、最大輝度1,000ニト(標準)、HDR最大ピーク輝度1,600ニト、屋外ピーク輝度2,000ニト仕様となります。

iPhone 13 ProシリーズのSuper Retina XDRディスプレイは、最大輝度1,000ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)仕様でした。


iPhone 14 Pro Max・iPhone 14 Pro

iPhone 14 Pro Max・iPhone 14 Pro

iPhone 14 Proのディスプレイ解像度は2,556 x 1,179ピクセル解像度、460ppiで、iPhone 13 Proの2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppiと比べて僅かに大きくなっています。

iPhone 14 Pro Maxのディスプレイ解像度は2,796 x 1,290ピクセル解像度、460ppiで、iPhone 13 Pro Maxの2,778 x 1,284ピクセル解像度、458ppiと比べて、こちらも僅かに大きくなっています。


iPhone 14 Pro:屋外ピーク輝度2,000ニト

iPhone 14 Pro:屋外ピーク輝度2,000ニト

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxは、日差しの強い屋外で画面を見る場合、屋外ピーク輝度2,000ニトまで上がり、高精細デジタル看板相当まで明るくなります。

単純に標準時の2倍の明るさまで輝度が上がります。

これまではHDRコンテンツを再生する場合に輝度が上がるだけでした。


iPhone 14 ProのTrueDepthカメラ

iPhone 14 ProのTrueDepthカメラ

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro MaxのTrueDepthカメラのアクティブエリアは、ディスプレイ内の下に配置されています。

FaceTime HDカメラユニットは、iPhone 13 Pro・iPhone 13 Pro Maxと異なり右側にあります。

TrueDepthフロントカメラは12MPセンサーで同じですが、F値はƒ/2.2絞り値からƒ/1.9絞り値へと明るくなっていて、オートフォーカスが搭載されています。

TrueDepthカメラ上にもフルタッチセンサーが入っているため、ガラス保護フィルムなどに穴が空いている場合だと、段差によるタッチ不良が出る可能性があります。

センサーは、新搭載のハイダイナミックレンジジャイロ、高重力加速度センサー、デュアル環境光センサーに加え、従来の近接センサー、気圧計を搭載しています。


iPhone 14 Pro Max・iPhone 14 Pro

iPhone 14 Pro Max・iPhone 14 Pro

iPhone 13 Pro・iPhone 13 Pro Maxと比較して、iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxの背面カメラユニットサイズは大型化しています。

iPhone 13 Pro・iPhone 13 Pro Maxの背面カメラユニット部は35.01mm、36.24mmだったのに対して、iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxの背面カメラユニット部は36.71mm、38.24mmへと大型化しています。


アダプティブTrue Toneフラッシュ

アダプティブTrue Toneフラッシュ

メインカメラは、48Mクアッドピクセルセンサーを搭載しています。

新しいセンサーで4つのピクセルを1つの大きなクアッドピクセルとして結合させ、4倍多くの光をとらえ、12MPサイズの写真として書き出されます。

また、焦点距離と連動してパターンを変える9個のLEDを用いたアダプティブTrue Toneフラッシュが新搭載されています。


iPhone 13 Pro/iPhone 14 Pro

iPhone 13 Pro/iPhone 14 Pro

iPhone 14 Proのサイズは、幅71.5 mm、高さ147.5 mm、厚さ7.85 mmで、iPhone 13 Proと比べた場合、幅は同じですが、高さが0.8mm、厚さが0.2mm増しています。

重さは206gでiPhone 13 Proより3g重くなっています。

iPhone 14 Pro Maxのサイズは、幅77.6 mm、高さ160.7 mm、厚さ7.85 mmで、iPhone 13 Pro Maxと比べた場合、幅が0.5mm、高さが0.1mm小さくなっています。厚さは0.2mm増しています。

重さは240gでiPhone 13 Pro Maxより2g重くなっています。

音量を上げる/下げるボタン、サウンドオン/オフボタンの位置は下に少しずれています。

なお、アメリカ販売モデルはデュアルeSIM仕様のためSIMトレイが無くなっています。


iPhone 13 Pro/iPhone 14 Pro

iPhone 13 Pro/iPhone 14 Pro

iPhone 14 Proのサイドボタンは、iPhone 13 Proと比べて位置が上に少しずれています。

米国モデルには、iPhone 13 Pro同様に5G NR mmWave (Bands n258, n260, n261)に対応するためのアンテナエリアが設けられています。


iPhone 14 Pro:Dynamic Island

iPhone 14 Pro:Dynamic Island

iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxには、画面内に組み込まれたTrueDepthカメラ回りで動作する「Dynamic Island」が搭載されています。

通知、アラート、アクティビティを一か所のインタラクティブなスペースに集めてバブル表示してくれます。

対応した2つのアプリまで表示可能で、長押しでApple Musicを操作したり、タイマーをチェックしたりもできます。


iPhone 14 Pro:ステータスバー

iPhone 14 Pro:ステータスバー

このDynamic Islandは、ロック画面やホーム画面などで対応するアプリやサービスなどで使用できる機能で、Safariなどを起動した場合、画面上部のステータスバー表示となります。

iPhone 14などと比べて、ステータスバーアイコン表示領域が広いため、今後、なんらかの表示拡大が行われる可能性はありそうです。


常にオン

常にオン

iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxは、Apple Watch Series 5以降のモデルで利用可能になった「常時表示ディスプレイ」が利用可能になっています。

知りたい情報を常にロック画面上に表示することができ、確認するためにタップする必要はありません

iPhoneの画面を下にして置いたり、ポケットに入れている時は、バッテリーの節約のために画面が暗くなります。

この機能は、設定>画面表示と明るさにある「常にオン」をオフにすることで切ることができます。


iPhone 14 Pro:Live壁紙

iPhone 14 Pro:Live壁紙

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxには、スペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープパープルに合わせた専用Live壁紙が用意されています。

これらの壁紙を使用するには、設定>壁紙>新しい壁紙を追加で、コレクションのマルチカラーを選択します。


iPhone 14 Pro:光学2倍望遠カメラ

iPhone 14 Pro:光学2倍望遠カメラ

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxは、2倍望遠が加わり、ズームオプションは0.5倍、1倍、2倍、3倍の4つになりました。

この新しい望遠機能は、クアッドピクセルセンサーの真ん中の12メガピクセルを使用しています。

ポートレートモード、タイムラプス、パノラマにも対応しています。

デジタルズームを使わずに、フル解像度の写真や4Kビデオが撮れます。


iPhone 14 Pro:フォーマット

iPhone 14 Pro:フォーマット

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxは、設定>カメラ>フォーマットにApple ProRAW解像度として「48MP・12MP」が選べるようになっています。

Apple ProRAW/48MP撮影は、ナイトモード、フラッシュ、マクロ撮影では12MPで保存されます。

Apple ProRAW/12MP撮影の場合約20MB前後なのが、Apple ProRAW/48MP撮影の場合約60MB前後のサイズになります。

なお、iPhone 13 ProのApple ProRAW/12MP撮影の場合約25MB前後でした。


シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)

シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxは、浅い被写界深度で動画撮影が行える「シネマティックモード」(ポートレート動画)撮影がアップデートされ、iPhone 13 Pro・iPhone 13 Pro Maxの場合「1080p、30fps」だったのが、新しく「4K HDR、30fps、24fps」撮影も可能になっています。

これにより、解像度感の高いシネマティック撮影が行えます。


iPhone 14 Pro:アクションモード

iPhone 14 Pro:アクションモード

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxは、手ぶれのないなめらかな映像が撮影できる「アクションモード」が利用可能です。

メインカメラ、超広角カメラ、2倍望遠カメラ、3倍望遠カメラ全てで使用可能です。

アクションモードは、2.8Kビデオ撮影(24fps/30fps)、1080p HDビデオ撮影(30fps/60fps)が選べます。


iPhone 14 Pro:ビデオ設定

iPhone 14 Pro:ビデオ設定

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxのビデオ設定に「手ぶれ補正(拡張)」と「アクションモード低照度」ボタンが追加されています。

手ぶれ補正(拡張)は、ビデオ撮影とシネマティックモード撮影時に、僅かに画角を切ることで、手ぶれ補正を減らす機能になります。

アクションモード低照度は、アクションモードは明るい場所で最も効果的な撮影ですが、暗い場所でアクションモードを使用したい場合は、これをオンにすることで、やや暗いシーンを最適化してくれるようになります。


iPhone 14 Pro:手ぶれ補正(拡張)

iPhone 14 Pro:手ぶれ補正(拡張)

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxで、手ぶれ補正(拡張)をオン/オフにした場合でのビデオ撮影を比べてみました。

手ぶれ補正(拡張)オンにすると僅かに画面がクロップされます。


iPhone 14 Pro Maxの前面カメラ

iPhone 14 Pro Maxの前面カメラ

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxの前面カメラは、12MPカメラ、ƒ/1.9絞り値、4枚構成レンズ、Photonic Engine、写真のスマートHDR 4、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(4K/60fps)、Deep Fusion、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応しています。

レンズ焦点距離は従来と同じ30mm (35mm換算) のようです。


iPhone 14 Pro Maxの背面メインカメラ

iPhone 14 Pro Maxの背面メインカメラ

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxの背面メインカメラは、48MPカメラ、ƒ/1.78絞り値、センサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成レンス、100% Focus Pixels、Photonic Engine、Deep Fusionなどで構成されています。

レンズ焦点距離は24mm (35mm換算) で、iPhone 13 Pro・iPhone 13 Pro Maxの26mm (35mm換算) から変更されています。

スマートHDR 4撮影、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大4K/60fps)、ナイトモード撮影、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応しています。


iPhone 14 Pro Maxの背面超広角カメラ

iPhone 14 Pro Maxの背面超広角カメラ

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxの背面超広角カメラは、12MPカメラ、ƒ/2.2絞り値、120°視野角、6枚構成レンス、Photonic Engine、Deep Fusion、レンズ補正などで構成されています。

レンズ焦点距離は14mm (35mm換算) で、iPhone 13 Proと同じです。

スマートHDR 4撮影、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大4K/60fps)、ナイトモード撮影、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応しています。


iPhone 14 Pro Maxの背面望遠カメラ

iPhone 14 Pro Maxの背面望遠カメラ

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxの背面望遠カメラは、12MPカメラ、ƒ/2.8絞り値、第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成レンス、Deep Fusionなどで構成されています。

レンズ焦点距離は77mm (35mm換算) で、iPhone 13 Proと同じですが、レンズが6枚構成から7枚構成に変更されています。

スマートHDR 4撮影、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大4K/60fps)、ナイトモード撮影、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応しています。


iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Max:MagSafe

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Max:MagSafe

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro MaxにApple MagSafe充電器を装着し、背面カメラユニットまでのマージンを計測してみました。

iPhone 14 Proは、iPhone 13 Proの約5mmから約3mmに、iPhone 14 Pro Maxは、iPhone 13 Pro Maxの約1cmから約8mmへと短くなっています。

iPhone 14 Proは、マージン幅がかなり短くなったため、従来のMagSafeマウントアクセサリーの中には当たって使用できない物もありそうです。


iPhone 14 Pro Max:充電

iPhone 14 Pro Max:充電

Apple 96W USB-C電源アダプタにdiymoreのUSB-C電流チェッカーを接続し、USB-C to Lightningケーブルで、iPhone 14 Pro Maxへの充電量を計測してみました。

バッテリー残量が減っている状態で25W (8.98V/2.85A)前後でした。

最大入力はiPhone 13 Pro Maxの時と変わっていないようです。


執筆:大石結花




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事