iPhone

iPhone 14をチェック(米国モデル)

iPhone 14

iPhone 14

Appleが発表した新型iPhone「iPhone 14」をチェックしてみました。

A15 Bionicチップを採用し、2つの高性能CPUコアと4つの高効率CPUコア、GPUは5コア、Neural Engineは16コア仕様となります。

(PRODUCT)RED、ミッドナイト、パープル、スターライト、ブルーの5色がラインアップされています。

なお、今回のレビュー用iPhone 14は、アメリカで販売されるデュアルeSIMモデルとなります。


iPhone 14

iPhone 14

Super Retina XDRディスプレイを搭載し、最大輝度800ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)仕様となり、iPhone 13と同じままです。

iPhone 12のSuper Retina XDRディスプレイは、最大輝度625ニト(標準)、、最大輝度1,200ニト(HDR)仕様となります。


iPhone 13/iPhone 14

iPhone 13/iPhone 14

iPhone 13とiPhone 14のTrueDepthカメラのアクティブエリア形状は同じで変わっていません。

FaceTime HDカメラユニットは、iPhone 13と同じ左側にあります。

TrueDepthフロントカメラは12MPセンサーで同じですが、F値はƒ/2.2絞り値からƒ/1.9絞り値へと明るくなっていて、オートフォーカスが搭載しています。

センサーは、新搭載のハイダイナミックレンジジャイロ、高重力加速度センサー、デュアル環境光センサーに加え、従来の近接センサー、気圧計を搭載しています。


iPhone 13/iPhone 14

iPhone 13/iPhone 14

iPhone 13と比較して、iPhone 14の背面カメラユニットサイズも僅かに大型化しています。

iPhone 14は、iPhone 12、iPhone 13同様に背面ガラスが損傷した場合、ガラスのみを交換するサービスが受けられます。

iPhone 13の背面カメラユニット部は29.82mm、29.82mmだったのに対して、iPhone 14の背面カメラユニット部は30.10mm、30.10mmへと大型化しています。


iPhone 14

iPhone 14

iPhone 14のiPhone 14のメインカメラはƒ/1.6絞り値からƒ/1.5絞り値に変更されています。

iPhone 14の超広角カメラのƒ/2.4絞り値はiPhone 13から変わっていませんが、焦点距離が14mmから13mmに変更されています。

メインカメラは12MPカメラシステムで変わっていないので、レンズの口径が拡大されたと考えれます。

また、True Toneフラッシュが新しいデザインに変更されています。


iPhone 14/iPhone 13

iPhone 14/iPhone 13

iPhone 14のサイズは、幅71.5 mm、高さ146.7 mm、厚さ7.80 mmで、iPhone 13と比べた場合、幅と高さは同じですが、厚さが0.15mm厚くなっています。

重さは172 gでiPhone 13より1g軽量化されています。

音量を上げる/下げるボタン、サウンドオン/オフボタンの位置も変更されていません。

なお、アメリカ販売モデルはデュアルeSIM仕様のためSIMトレイが無くなっています。


iPhone 14:Live壁紙

iPhone 14:Live壁紙

iPhone 14には、(PRODUCT)RED、ミッドナイト、パープル、スターライト、ブルーに合わせた専用Live壁紙が用意されています。

これらの壁紙を使用するには、設定>壁紙>新しい壁紙を追加で、コレクションのマルチカラーを選択します。


シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)

シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)

iPhone 14は、浅い被写界深度で動画撮影が行える「シネマティックモード」(ポートレート動画)撮影は、iPhone 13の場合「1080p、30fps」だったのが、新しく「4K HDR、30fps、24fps」撮影も可能になっています。

これにより、解像度感の高いシネマティック撮影が行えます。


iPhone 14:アクションモード

iPhone 14:アクションモード

iPhone 14は、手ぶれのないなめらかな映像が撮影できる「アクションモード」が利用可能です。

メインカメラ、超広角カメラの両方で使用可能です。

アクションモードは、2.8Kビデオ撮影(24fps/30fps)、1080p HDビデオ撮影(30fps/60fps)が選べます。


iPhone 14:ビデオ設定

iPhone 14:ビデオ設定

iPhone 14のビデオ設定に「手ぶれ補正(拡張)」と「アクションモード低照度」ボタンが追加されています。

手ぶれ補正(拡張)は、ビデオ撮影とシネマティックモード撮影時に、僅かに画角を切ることで、手ぶれ補正を減らす機能になります。

アクションモード低照度は、アクションモードは明るい場所で最も効果的な撮影ですが、暗い場所でアクションモードを使用したい場合は、これをオンにすることで、やや暗いシーンを最適化してくれるようになります。


iPhone 14:手ぶれ補正(拡張)

iPhone 14:手ぶれ補正(拡張)

iPhone 14で、手ぶれ補正(拡張)をオン/オフにした場合でのビデオ撮影を比べてみました。

手ぶれ補正(拡張)オンにすると僅かに画面がクロップされます。


iPhone 14の前面カメラ

iPhone 14の前面カメラ

iPhone 14の前面カメラは、12MPカメラ、ƒ/1.9絞り値、Photonic Engine、写真のスマートHDR 4、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(4K/60fps)、Deep Fusion、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応しています。

レンズ焦点距離は従来と同じ30mm (35mm換算) のようです。


iPhone 14の背面メインカメラ

iPhone 14の背面メインカメラ

iPhone 14の背面メインカメラは、12MPカメラ、ƒ/1.5絞り値、センサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成レンス、100% Focus Pixels、Photonic Engine、Deep Fusionなどで構成されています。

レンズ焦点距離は26mm (35mm換算) で、iPhone 13と同じです。

スマートHDR 4撮影、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大4K/60fps)、ナイトモード撮影、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応しています。


iPhone 14の背面超広角カメラ

iPhone 14の背面超広角カメラ

iPhone 14の背面超広角カメラは、12MPカメラ、ƒ/2.4絞り値、120°視野角、5枚構成レンス、Photonic Engine、Deep Fusion、レンズ補正などで構成されています。

レンズ焦点距離は14mm (35mm換算) で、iPhone 13と同じです。

スマートHDR 4撮影、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大4K/60fps)、ナイトモード撮影、ナイトモードのタイムラプス撮影に対応しています。


iPhone 14:MagSafe

iPhone 14:MagSafe

iPhone 14にApple MagSafe充電器を装着し、背面カメラユニットまでのマージンを計測してみました。

約1cmあるため、従来のMagSafeマウントアクセサリーの多くが継続利用可能だと考えられます。


iPhone 14:充電

iPhone 14:充電

Apple 96W USB-C電源アダプタにdiymoreのUSB-C電流チェッカーを接続し、USB-C to Lightningケーブルで、iPhone 14への充電量を計測してみました。

バッテリー残量が減っている状態で20W (9.0V/2.29A)前後でした。

最大入力はiPhone 13の時と変わっていないようです。


執筆:大石結花



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事