iPhone

Chipworks:M7モーションコプロセッサは、NXPのLPC1800をベースにしたもの

NXP LPC18A1

NXP LPC18A1

Chipworksが、iFixitのiPhone 5s分解から、iPhone 5sに搭載されているA7プロセッサは、ARMv8アーキテクチャを採用し、サムスンによって製造されていることが分ったと伝えています。

また、M7モーションコプロセッサは、NXPセミコンダクターズが製造する、Cortex-M3ベースのマイクロコントローラ「LPC1800」をベースにした「NXP LPC18A1」だということも分ったと伝えています。

カメラセンサーは、iPhone 4S、iPhone 5で採用されてきたソニー製のCMOSイメージセンサーのカスタムメイドチップで、電子コンパスICは、旭化成エレクトロニクスの「AK8963」が採用されているそうです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事