iPhone

カンター・ジャパン、日本のiPhoneシェアは66.2%で、Android機種の約倍

カンター・ジャパンより

カンター・ジャパンより

カンター・ジャパンが、2012年10月から12月の期間、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査を10,000人/月の協力を得て実施し、日本におけるiPhoneのシェアは66.2%を占めていることが分かったと発表しています。

同じ期間におけるAndroid機種は31.9%で、日本とアメリカではiOS端末が優勢だということも分かったそうです。

日本の消費者に最も選ばれているスマートフォンは iPhoneであるということが言えるとしています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事