etc / レポート

CEATEC JAPAN 2010:村田製作所、ワイヤレス電力伝送システムを展示

ワイヤレス電力伝送システム の実働デモ

ワイヤレス電力伝送システム の実働デモ

村田製作所が、CEATEC JAPAN 2010において、TMMSの技術を利用した電界結合方式の「ワイヤレス電力伝送システム」を展示していました。


展示されていたのは、年内にも量産を始められる最終版の 10×30mmサイズの30W受電可能ユニット

展示されていたのは、年内にも量産を始められる最終版の 10×30mmサイズの30W受電可能ユニット

現在のモデルでは、受電側に11×50mmのモジュールと共に、受電ユニットとして約20mm角の部品を組み込む事で 3W の供電を可能にしていますが、近いうちに受電モジュールを 10×30mm程度のサイズまで小型化出来る目処がついている上に、1年後には 10W 供電を、2014年ごろまでには 50W 供電を可能に出来るように開発が進められているということでした。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事