etc / レポート

InterBEE 2009:システム計画研究所、クロマキー合成プラグイン「ROBUSKEY for Adobe After Effects」を展示

ROBUSKEY for Adobe After Effects

ROBUSKEY for Adobe After Effects

2009年11月19日から幕張メッセにて開催された「InterBEE 2009」において、システム計画研究所が、クロマキー合成プラグイン「ROBUSKEY for Adobe After Effects」を展示していました。

このInterBEE 2009開催に合わせて発売が開始された製品です。

ベースになっているのは、Adobe Photoshop用のクロマキープラグイン「ROBUSKEY for Adobe Photoshop」で、グリーンバックとブルーバックに対応しています。


抜きたい範囲をざっくり選択するだけで、クロマキー対象となるおおまかなマスクを自動生成してくれます。

デジタルカメラの静止画像はピクセル密度が高いのに対して、動画の場合はフルHDサイズでも、1コマ約200万画素程度のピクセル数しかないため、拡大すると荒れます。

また、カメラの中にはエッジを強調処理する物もあり、そういったデーターに対して、1ピクセル単位で輪郭を馴染ませたりする機能などもあります。

価格は39,800円とPhotoshop用と比べてかなり安いですが、これも扱うピクセル数が少ないからなのだそうです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事