etc / レポート

InterBEE 2009:ミューズテクス、Matroxのハードウェアエンコード「Matrox MAX」製品を展示

Matrox MXO2

Matrox MXO2

2009年11月19日から幕張メッセにて開催された「InterBEE 2009」において、ミューズテクスが、Matrox製品を展示を行っていました。

様々なI/O入出力に対応する製品群に、リアルタイムより高速で高解像度 H.264 ファイルの作成を可能にする「Matrox MAX」テクノロジを搭載した製品が追加されたのが特徴です。


Matrox CompressHD

Matrox CompressHD

このMatrox MAXのエンジン部分だけをPCI Expressカード化したのが「Matrox CompressHD」という製品です。


Final Cut StudioのApple Compressor 3.5からMatrox CompressHDに処理を渡すことで、10bit非圧縮データーを、YouTube 720pファイルにエンコードする場合、尺の同程度で可能だそうです。また、QuickTime用のプリセットも追加されるので、iMovie '09や、QuickTime Pro 7の共書き出しからも処理を渡すことが出来るそうです。

実際に、30秒の10bit非圧縮データーを2本繋げて、1分のYouTube 720pファイルにエンコードするデモを見せてもらいましたが、約3GBのファイルが18MB程度に圧縮する作業を1分弱で終了していました。

この性能は、Matrox MAXのバッチが付いている外付けボックスの「Matrox MXO2 Mini」「Matrox MXO2」「Matrox MXO2 LE」「Matrox MXO2 Rack」でも出すことが出来ます。


ただ、Macと繋ぐためのホストアダプターが、ExpressCard/34カードか、PCIeカードしかないため、これらを使用するには、現行モデルだと、Mac Pro (Early 2009)か、MacBook Pro (17-inch, Mid 2009)の2種類しか選択出来ません。

編集作業はファイルベースで、I/Oは必要無いという方は、今なら、PCI Expressカード型H.264 エンコーダー「Matrox CompressHD」が76,440円で購入出来ます。

フォーカルポイントコンピュータが取り扱うADS Techの「Pyro Kompressor HD for Mac」だと約50万しますし、MXOシリーズの中でも一番安いと思います。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事