etc / レポート

NAMM 2020:Audient、USB-C接続オーディオインターフェイス「EVO 4」「EVO 8」を発表

EVO 4

EVO 4

The 2020 NAMM Showにおいて、Audientが、コンパクトUSB-C接続24 bit/ 96 kHz対応オーディオインターフェイス「EVO 4」と「EVO 8」を発表していました。

AKM コンバーターを採用し、自動ゲイン調整できる「スマートゲイン」機能、ループバック機能を搭載しています。

タッチポイント・コントロールによる操作が可能で、MacだけでなくiOSデバイスでも使用可能です。


EVO 8

EVO 8

ギター、ベース、キーボードを接続するJFET入力も装備しています。

EVO 4は、2基のマイクプリアンプ、スピーカー出力、ヘッドホン出力装備しています。

EVO 8は、4基のマイクプリアンプ、スピーカー出力 x2、ヘッドホン出力 x2を装備しています。

EVO 4は129ドルで、EVO 8は199ドルで2020年第1四半期に発売されます。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事