iPad App Store

iPad用カメラアプリ「Camera+ for iPad」を試す

Camera+ for iPad

Camera+ for iPad

tap tap tapが、iPad用カメラアプリ「Camera+ for iPad」を、App Storeにて販売を開始していたので試してみました。

iPhoneアプリ「Camera+」のiPad版で、モデルで写真家のLisa Bettanyさんが監修したカメラアプリです。


iPhoneのカメラで撮影するか、写真ライブラリーから写真を選択します。

カメラを起動するとガイドが表示され、6倍デジタルズームや、手ブレ防止撮影などを行えるようになっています。

また、タイマー撮影や、シャッターボタンを押し続けて高速シャッター撮影も行う事が出来ます。


撮影した写真はライトボクスに配置されます。

ライトボックスには複数の写真を配置することが可能で、同じテイク写真を複数並べてチェックすることが出来ます。

写真の位置情報表示や、facebook、flickr、Twitterなどに投稿することも出来ます。


写真を選択してEditタブをタップすると編集モードに変わります。

最初は、シーン編集で、コントラストやトーンの調整を行う事が出来ます。


クロップ編集(切り抜き)では、サイズウィンドウを指で動かして切り抜きするエリアを調整することで行うことが出来ます。

また黄金比率での切り抜きやスクエアサイズといった定番サイズの切り抜きも行う事が出来ます。

このクロップは、最終的に保存されるまで維持され続け、たのエフェクト編集でも継続されるようになっています。


FX(エフェクト)では、イメージしやすい名前がつけられたカラーバランス編集をタップして選択するだけで行う事が出来ます。


Borders(フレーム)は、フレームが当てられたサムネイルから選択するだけで行うことが出来ます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事