教育

NECパーソナルコンピュータ、GIGAスクール向けChromebookなどを約124万台リコール

NEC Chromebook Y2

NEC Chromebook Y2

NECパーソナルコンピュータが、2022年2月4日に自治体や教育機関に販売したGIGAスクール向け端末「NEC Chromebook Y2」の一部において、製造工程の不備による余分なネジの混入が判明し、この不具合に起因し、端末の落下による強い衝撃が加わったことで、バッテリー下に混入したネジがバッテリーを破損させ、発煙・熱損に至った事案が確認されたとして、GIGAスクール向け端末5機種の自主点検を行うと発表しています。

なお、「Chromebook Y2」などにおいてケーブルの組み立て不良により、ケーブルが周辺部品と擦れて損傷しショートしたことで発煙・熱損に至った事案も確認されているそうで、この不具合に関連する部位も今回あわせて点検するそうです。

対象端末は、Chromebook Y2Chromebook Y3VersaPro EタイプVRのVR-8、VR-9、VR-Aで約124万台だそうです。

Windows PCのVersaPro E タイプVRシリーズに関しては、ネジ混入は確認されていないそうですが、同一ライン・同一時期に生産されていたため、点検を実施することにしたと説明がされています。

このリコールは経済産業省に届け出が行われています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事