NEWS

PFU、富士通からリコーの子会社に、事業内容は変わらず従来通り継続

富士通/PFU/リコー

富士通/PFU/リコー

リコーが、富士通の子会社であるPFUの普通株式の一部(発行済株式数の 80%)を取得(約840億円)、同社の連結子会社化すると発表しています。

PFUの発表によると、株主構成が富士通株式会社100%から、株式会社リコー80%、富士通株式会社20%の構成となります。

時期については、2022年7月を予定しているそうで、今後もPFUグループとしてイメージスキャナーおよび関連ソリューション、組込みコンピュータ、マルチベンダーITインフラサービスなどの事業を従来通り継続するそうです。


関連エントリー:日本経済新聞:富士通、子会社のPFUをリコーに売却する方針


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事