プライバシー

プライバシー

Appleが、WWDC21において、iOS 15、iPadOS 15、macOS Monterey、watchOS 8で、プライバシーに関するリーダーシップを推進すると発表しています。

これらの機能は、Appleが受け継いできたプライバシーに関するリーダーシップの最新の革新を表しています。

Appleは、App StoreにおけるApp Tracking TransparencyやPrivacy Nutrition Labelsなどの機能により、プライバシーに対するコミットメントを継続的に拡大し、業界全体の変化を促してきました。


メールプライバシー保護

メールプライバシー保護

メールアプリの「メールプライバシー保護」は、送信者が目に見えないピクセルを使ってユーザーの情報を収集することを阻止します。この新機能は、ユーザーがいつメールを開いたかを送信者に知られないようにするとともに、ユーザーのIPアドレスをマスクすることで、他のオンライン活動との関連付けや、ユーザーの位置情報の特定に利用されないようにします。

これまでもインテリジェント・トラッキング・プリベンション(ITP)は、デバイス上の機械学習を利用してトラッカーを阻止し、ウェブサイトが正常に機能するようにすることで、不要なトラッキングからSafariユーザーを保護してきました。

今年、ITPはさらに強化され、トラッカーからユーザーのIPアドレスを隠すことができるようになりました。

これによりトラッカーは、ユーザーのIPアドレスを一意の識別子として利用し、複数のウェブサイトにおけるユーザーの行動を結びつけて、ユーザーのプロファイルを構築することができなくなります。


プライバシーレポート

プライバシーレポート

アプリのプライバシーレポートでは、ユーザーは、過去7日間に各アプリが、位置情報、写真、カメラ、マイク、連絡先にアクセスするために事前に許可した権限をどのくらいの頻度で使用したかを確認することができます。

ユーザーは、これが自分にとって意味のあるものかどうかを確認し、意味のないものであれば、「設定」からアプリにアクセスして対策を講じることができます。

また、ユーザーは、アプリがコンタクトしているすべてのサードパーティドメインを見ることで、自分のデータが誰と共有されているかを知ることができます。


オンデバイス音声認識

オンデバイス音声認識

デバイス内音声認識では、ユーザーがリクエストした音声は、デフォルトではiPhoneやiPad上で処理されます。

これにより、音声アシスタントのプライバシーに関する最大の懸念事項の一つである、不要な音声の録音に対応することができます。

多くのリクエストでは、Siriの処理もデバイス上で行われるため、アプリの起動、タイマーやアラームの設定、設定の変更、音楽のコントロールなど、インターネットに接続していなくてもリクエストを処理することができます。


iCloud+

iCloud+

iCloud+は、iCloudのすべての機能に加えて、iCloud Private Relay、メールの非公開、HomeKit Secure Videoのサポートなどの新しいプレミアム機能を追加料金なしで提供します。

Private Relayは、iCloudに組み込まれた新しいインターネットプライバシーサービスで、ユーザーはより安全でプライベートな方法でウェブに接続し、閲覧することができます。Safariでブラウジングする際、Private Relayによって、ユーザーのデバイスから発信されるすべてのトラフィックが暗号化され、Appleやユーザーのネットワークプロバイダーだけでなく、ユーザーと閲覧しているウェブサイトの間にいる誰もがアクセスして読み取ることができます。

ユーザーのリクエストはすべて、2つのインターネットリレーを経由して送信されます。1つ目のリレーでは、ユーザーの実際の所在地ではなく、地域を示す匿名のIPアドレスが割り当てられます。

2つ目は、ユーザーがアクセスしたいWebアドレスを解読し、目的地に転送します。このように情報を分離することで、ユーザーが誰なのか、どのサイトを訪れたのかを特定することができないため、ユーザーのプライバシーが守られます。


メールの非公開

メールの非公開

メールの非公開は、Sign in with Appleの機能を拡張したもので、ユーザーが個人のEメールアドレスを非公開にしたい場合に、いつでも個人の受信箱に転送されるユニークでランダムなEメールアドレスを共有することができます。

Safari、iCloud設定、Mailに直接組み込まれたHide My Emailは、いつでも必要な数のアドレスを作成、削除することができ、誰が自分に連絡を取ることができるかを管理することができます。


HomeKit Secure Video

HomeKit Secure Video

iCloud+では、HomeKit Secure Videoのサポートが強化され、ユーザーはHomeアプリケーションでこれまで以上に多くのカメラを接続できるようになるとともに、ホームセキュリティのビデオ映像をエンドツーエンドで暗号化して保存できるようになり、ストレージ容量の制限を受けることはありません。

また、HomeKit Secure Videoは、ユーザーのセキュリティカメラで検出されたアクティビティが、自宅のAppleデバイスで分析され、暗号化された後、iCloudに安全に保存されることを保証します。


現在地を共有することで、ユーザーは一度だけアプリと現在地を簡単に共有することができ、そのセッション以降は開発者にアクセス権を与えません。開発者は、現在地の共有ボタンをカスタマイズして、アプリケーションに直接組み込むことができます。

強化された写真の限定的なライブラリアクセスにより、開発者は、ユーザが限定的なアクセスを許可している場合でも、特定のアルバム用の最近の写真フォルダなどのスマートな機能を提供することができます。

「セキュアペースト」では、ユーザーが自分のアプリケーションにペーストするまで、コピーされた内容にアクセスすることなく、別のアプリケーションからペーストすることができます。開発者が「セキュアペースト」を使用すると、ユーザーはペーストボードの透明性に関する通知を受けることなくペーストすることができ、安心してペーストすることができます。


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する