Windows

Safari 3.1 for Windowsを試してみた。

Safari 3.1 for Window

Safari 3.1 for Window

Appleが、Windows版として、正式に配布を開始した「Safari 3.1 for Windows」を試してみました。

検証に使用したマシンは、デル社の「Inspiron 6400」で、仕様は「Windows Vista Home Premium Service Pack 1 (SP1)」(Windows エクスペリエンス 3.1)「Intel Core 2 Duo(T7200)2.0GHz/2GBメモリ」といった構成で、MacBook (Late 2006)相当だと考えると分かりやすいです。

参考にしたのはマイコミジャーナルの「世界最速はダテじゃない? Safari 3.1を検証する」で、ここで紹介されている「SunSpider 0.9」を使って計測してみました。


SunSpider 0.9 計測結果

SunSpider 0.9 計測結果

検証したブラウザは「Internet Explorer 7 for Windows Vista (SP1)」「Safari 3.1 for Windows」「Firefox 2.0.0.13 for Windows」「Opera 9.26 for Windows
の4つです。

その結果、Safari 3.1 for Windowsは、Internet Explorer 7 for Windows Vista (SP1)と比べて、約2〜3倍速いという結果が出ました。実際に使ってみても、かなり速いと感じます。

なお、詳しく計測はしていませんが、Windows XP Service Pack 2 (SP2) の環境でも、Safari 3.1 for Windowsは結構速いです。ただ、Internet Explorer 7 for Windows XP (SP2)と比べて、アプリケーションの起動時間が遅いのが気になる点です。



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事