Safari

Apple、次期「Safari 11.1」でPayment Request APIなどを追加

Safari

Safari

Appleが、iOS 11.3、macOS High Sierra 10.13.4、macOS Sierra 10.12.6、OS X El Capitan 10.11.6向けに提供する予定の「Safari 11.1」に関するデベロッパー向け情報を公開しています。

追加されるAPIとして、Google Chromeが既に搭載済みの、Service Workers、Payment Request API、HTMLImageElement.decode()、Directory Upload、Beacon APIなどが追加されます。

また、CSSによるディスプレイフォントのサポートも追加されるそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事