NEWS

TSMC、アメリカアリゾナ州に2024年にN4プロセス工場を、2026年に3nmプロセス工場建設すると発表

アリゾナ州フェニックスのTSMC工場予定地

アリゾナ州フェニックスのTSMC工場予定地

TSMCが、2024年にN4プロセス技術の生産を開始する予定のTSMCアリゾナ第1工場に加え、2026年に3nmプロセス技術の生産を開始する予定の第2工場の建設を開始したと発表しています。

これら2つのファブの総投資額は約400億ドル(約5兆4800億円)となり、アリゾナ州史上最大、米国史上最大級の海外直接投資となります。

建設に協力した1万人以上の建設労働者に加え、TSMCアリゾナの2つの工場は、TSMCの直接雇用4,500人を含め、さらに1万人の高給ハイテク雇用を創出すると見込まれているそうです。

完成すれば、TSMCアリゾナの2つの工場は年間60万枚以上のウエハーを製造し、最終製品の価値は400億米ドル以上と見積もられるそうです。

この式典に、バイデン大統領、アリゾナ州のダグ・デューシー知事、Tim Cook CEO、リサ・スーAMD会長兼CEO、ジェンスン・フアン NVIDIA社長兼CEOなど著名な来賓が出席しています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事