NEWS

WSJ:Apple幹部、EUのUSB Type-C統一法に関して「Appleは遵守しなければならなず、選択の余地はない」

WSJ Tech Live 2022

WSJ Tech Live 2022

Wall Street Journalが開催する「WSJ Tech Live 2022」に、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアヴァイスプレジデントCraig Federighi氏、ワールドワイドマーケティング担当シニアヴァイスプレジデントGreg Joswiak氏が出演しました。

Craig Federighi氏は、iPhoneに昨年導入したサードパーティアプリがユーザーのデジタルフットプリントを追跡する許可を求めるという新しい要件が短期的にどのような影響を及ぼすかは不明であると述べています。

LightningコネクタとUSB-Cコネクタが表示されたパネルが提示されながら、EUでは大規模なテクノロジー企業の力を抑制するための法律が制定され、これは、互換性のないスマートフォンの充電器に対する不満と、複数のコードを持つユーザーの廃棄物を減らしたいという願いから生まれた措置だと説明が行われました。

WSJのJoanna Stern氏から、Lightingを置き換えるのかと聞かれたGreg Joswiak氏は「明らかに我々は遵守しなければならないでしょう、我々は選択の余地がありません。」と述べています。

Joanna Stern氏は「いつiPhoneでUSB-Cを見ることができると期待できるか?」と追及すると、Greg Joswiak氏は「ヨーロッパの顧客のためにタイミングを決めているのはヨーロッパ人だ。現在、"2024年秋 "までに "すべての携帯電話やタブレット"がUSB-Cを採用しなければならないと法律で決められているのです。」と回答しています。

ただ、Greg Joswiak氏は、同社がEU圏外で販売される携帯電話に同コネクタを搭載するかどうかについての回答は避けています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事