NEWS

Apple、エンジニアリング、マップ、シリコンチームの新ヴァイスプレジデントを任命

Apple

Apple

BloombergのMark Gurman氏は有料メールマガジン「Power On」の中で、Appleは、新しい年度会計が始まる前の9月に、社内向けを含め新しいヴァイスプレジデントを発表するのが恒例だと伝えています。

現在、Appleには16万人の従業員のうち約100人のヴァイスプレジデントがいて、その肩書きはC-Suite(Cから始まる会社の経営を司る役職)やシニアヴァイスプレジデントクラスの下に位置し、同社の最上級の役職となっています。

新しく任命されたヴァイスプレジデントは以下の4名だそうです。


Appleのマップ担当ヴァイスプレジデント、Max Muller氏 AppleのEngineering担当ヴァイスプレジデント、Payam Mirrashidi氏 AppleのAppleシリコンエンジニアリング担当ヴァイスプレジデント、Charlie Zhai氏 AppleのAppleシリコンエンジニアリング担当ヴァイスプレジデント、Fabian Klass


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事