NEWS

Apple、Xcode Cloudなどデベロッパー向けツールを発表

Xcode Cloud

Xcode Cloud

Appleが、WWDC21において、Appleの開発者向けに特別に設計された新しい継続的インテグレーションおよびデリバリーのクラウドサービス「Xcode Cloud」を発表しています。

Xcode 13に搭載されたXcode Cloudは、あらゆる規模の開発者やチームが、高品質なアプリケーションをより効率的に構築、テスト、配信するための迅速かつシンプルな方法を提供します。

Xcode Cloudは、アプリを自動的にクラウド上でビルドし、開発者のMacを他の作業に充てることができます。クラウド上でのパラレルテストは、開発者が現在のすべてのAppleデバイスのシミュレーションバージョンでテストを行い、その後、内部テスト用にアプリのビルドを簡単にデプロイしたり、TestFlightを通じて外部のベータテスターに配信して即座にフィードバックを得ることができます。


App Store

App Store

ライブコンテスト、映画のプレミア上映、ライブストリーミング体験などのイベントを搭載したアプリケーションやゲームが増えてきたことで、ユーザーはApp Storeのパーソナライズされたおすすめ情報、編集部の選択、検索結果、アプリケーションの製品ページで、これらのイベントを簡単に見つけることができるようになりました。

これにより、デベロッパー様のイベントのリーチが大幅に広がり、新規ユーザーとのつながり、既存ユーザーへの情報提供、過去のユーザーとの再会などに役立ちます。開発者の方々にとっては、アプリの最新情報を紹介する全く新しい方法となります。


Swift

Swift

Appleのパワフルで直感的なプログラミング言語であるSwiftには、同時実行機能が組み込まれています。これは、バックグラウンドでより多くの処理を行いながら、ユーザーの入力に反応するアプリケーションを構築するための鍵となります。Swiftに同時実行機能が搭載されたことで、開発者はミスの少ない、高速で最新の安全なコードを書くことができ、Appleのデバイスに搭載されている強力なマルチコア・シリコンを最大限に活用することができます」と述べています。

SwiftUIは、できるだけ少ないコードで見栄えのするアプリケーションを簡単に開発できるようにすることで、ユーザーインターフェイス開発を刷新しました。

今回、SwiftUIは大きく前進し、開発者がすべてのユーザーにさらに素晴らしい体験を提供できるようになりました。これには、リストビュー、検索体験、アプリ内アクセシビリティ機能、マルチカラムテーブルなどを改善するための機能強化が含まれます。

今年後半にリリースされるSwift Playgrounds 4では、ユーザーはSwiftUIを使ってアプリのビジュアルデザインを作成できるようになり、アプリのプロジェクトは、Swift PlaygroundsまたはXcodeで開いて編集することができます。準備ができたら、ユーザーは実際にアプリを作成し、iPadから直接App Storeに提出することができます。


Object Capture

Object Capture

RealityKit 2では、macOS Monterey上のシンプルで強力なAPIであるObject Captureが導入されており、WayfairやEtsyなどの開発者は、iPhoneやiPad、デジタル一眼レフカメラで撮影した写真をAR用に最適化された3Dモデルに変換することで、実世界のオブジェクトの高品質でフォトリアリスティックな3Dモデルを数分で作成することができます。

これらのモデルは、「AR Quick Look」で閲覧したり、「Reality Composer」や「Xcode」でARシーンに追加したりすることができ、素晴らしいARアプリケーションをこれまで以上に簡単に構築することができます。

MaxonやUnityのような開発者は、Cinema 4DやUnity MARSなどの主要な3Dコンテンツ作成アプリの中で、Object Captureを使って3Dコンテンツの全く新しい作成方法を実現しています。

RealityKit 2の新しいAPIにより、開発者は、カスタムレンダーパスやダイナミックシェーダーなど、ビジュアル、オーディオ、アニメーションのコントロールを強化して、よりリアルで複雑なAR体験を作り出すことができます。


Metal

Metal

iOS、iPadOS、macOSに搭載された新しいAPIやツールにより、ゲーム開発者の皆様は、次世代のゲームを開発し、まったく新しい体験をユーザーの皆様にお届けすることができます。

新しいMetalテクスチャ圧縮ツールは、すべての最新フォーマットに加えて、Apple製シリコンに最適化されたフォーマットにも対応しており、開発者の皆様は、ハイエンドのゲームをAppleのすべてのプラットフォームに簡単に提供できるようになります。

また、iPhoneおよびiPadに搭載された新しいバーチャルゲームコントローラは、ゲームコントローラをサポートしているゲームを簡単に最適化することができます。


Xcode 13には、Xcode Cloudとの連携や、GitHub、Bitbucket、GitLabのコラボレーション機能との連携に最適な、強力なチーム開発機能が新たに追加されています。
Disney+」、「ESPN+」、「HBO Max」、「Hulu」、「MasterClass」、「Paramount+」、「TikTok」、「Twitch」などの人気アプリは、「SharePlay」によって、iPhone、iPad、Macのユーザーに新しいタイプの共有体験を提供します。

サードパーティのビデオ通話アプリケーションは、ボイスアイソレーション、ワイドスペクトラムオーディオ、ポートレートモードなど、FaceTimeの最新の機能強化を利用することができます。

Slack」や「WeChat」などのメッセージングアプリでは、会話の中でユーザーの状態を共有できるようになり、「Uber Eats」などのアプリでは、Siriがメッセージの着信を知らせることができるようになりました。また、新しい通知APIにより、「Chase 「Mobile」や「Zomato」などのアプリからの優先度の高い通知やコミュニケーションのための通知が、「おやすみモード」や「Focus」を突破できるようになりました。

新しいカメラAPIでは、より優れた融合画像を実現し、高品質の静止画と1080pの動画を同じセッションで撮影する機能が追加されています。

Breakpoint Studio、Pandora、QardioなどのApple Watchデベロッパは、より深いレベルでのカスタマイズを提供し、ユーザーの環境に対応した新しいアプリ体験を生み出しています。

MacのTestFlightを使えば、デベロッパはアプリ内課金やその他の素晴らしいMacアプリの機能をテストすることができます。

アプリ内購入がお客様にとって安全で安心なものであることを保証するStoreKit 2には、商品の権利や購読者のステータスを処理する新しいAPIが追加され、XcodeとAppleのサンドボックス環境の両方でテストがサポートされています。

GrammarlyやHoneyなどのウェブ開発者は、iPhone、iPad、Macで利用可能なSafariのエクステンションを構築できるようになりました。開発者の方々は、メールアプリケーションで新しい強力なエクステンションを作成することもできます。

サードパーティのナビゲーションアプリケーションは、自動車の計器クラスタディスプレイにマップビューを表示できるようになり、Mac用の新しいCarPlayシミュレータによってテスト効率が大幅に向上しました。

アプリケーションは、シアターのような空間オーディオ体験を提供し、コンテンツに命を吹き込むために周囲に音を配置することができます。また、Physical Audio Spatialization Engineにより、ゲーム開発者はAppleのすべてのプラットフォーム上で本物そっくりのオーディオを簡単にレンダリングすることができます。

ShazamKitにより、開発者はShazamの音声認識技術を直接アプリケーションに統合することができます。これにより、Shazamの膨大な楽曲カタログに音楽をマッチさせるだけでなく、開発者が作成したカスタム結果に、事前に録音されたあらゆるオーディオをマッチさせることも可能になります。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事