Safari

WWDC21:Apple、iOS 14.3からWebRTCをサポートしていることを明らかに

Explore WKWebView additions

Explore WKWebView additions

Appleが、WWDC21において、WKWebViewの最新のアップデートを説明するセッション「Explore WKWebView additions」を公開しています。

このセッションでは、APIを使ってJavaScriptなしでWebコンテンツを操作する方法や、WebRTCやダウンロードに役立つデリゲート紹介、アプリ内でリッチなWeb体験を簡単に実現する方法などが紹介されています。


iOS 15

iOS 15

iOS 15では、アプリ拡張機能の1つをSafariビューコントローラーのカスタマイズされたボタンに追加するための新しいAPIが追加されました。このボタンをアプリの共有拡張機能の1つにマッピングできます。

また、実行する拡張機能を最もよく表すボタンの画像を設定して、ユーザーがアプリ拡張機能を実行できるようにすることもできます。


WKWebView

WKWebView

Webビューのコンテンツを簡単に操作できるようにするいくつかの新しいAPIが追加されます。

これらの新しいAPIは、3つのカテゴリに分類され、ウェブサイトのページのテーマの色と関連する色にアクセスするための簡単な方法。

次に、テキストの相互作用を無効にし、Webビューでメディアの再生を制御できるようにする方法。

静止画像だけでなくビデオを投稿する機能の追加です。


Media capture

Media capture

iOS 14.3で、WKWebViewのgetUserMediaを有効にし、これにより、WebRTC関数をアプリ内で機能させることができます。

それらを進化させ、カスタムスキームハンドラーからWebコンテンツをロードすると、ユーザー要求プロンプトには、WebサイトのURLからの要求ではなく、要求の発信元としてアプリが表示されます。

これにより、ユーザーにとってより直感的でシームレスなエクスペリエンスが実現します。

また、Webコンテンツを操作するときに、カメラとマイクのアクセス許可をユーザーに求めるタイミングと方法を決定できる新しいAPIもあります。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事