Mac OS X

WWDC21:macOS Monterey用ショートカットアプリ「Shortcuts for macOS」について解説

Meet Shortcuts for macOS

Meet Shortcuts for macOS

WWDC21において、Appleが、macOS Montereyから利用可能になるショートカットアプリについて解説するセッション「Meet Shortcuts for macOS」が公開されています。

macOS版ショートカットアプリは、AutomatorやAppleScriptなどの既存のMacオートメーション技術とも連携可能です。

解説は、Appleが買収したショートカットアプリ「Workflow」のエンジニアである野中 彩花さんです。


SwiftUI

SwiftUI

初めてアプリを開くと、iPhoneからすでに同期されているすべてのショートカットが表示されます。

このアプリにはショートカットギャラリーも含まれており、Mac固有の新しいショートカットなど、すぐに使用できる新しいショートカットを見つけることができます。

また、独自のショートカットを作成したい場合は、ショートカットエディタを使用することもできます。

ショートカットエディタは、Macでくつろげるようにゼロから再設計されています。

ちなみに、AppleチームはMacアプリのほぼ全体をSwiftUIで作成していて、これにより、iOSアプリとMacアプリの間で統一されたコードベースを維持しながら、各プラットフォームに合わせて詳細に調整できます。


アクション

アクション

今回、集中モードと音声認識の2つの新しいオートメーションタイプに加えて、ウィンドウとファイルを管理できるまったく新しい一連のアクションなど、多くのアクションが追加されています。

ちなみに、アプリがファイルプロバイダーと統合されている場合、これらの新しいファイルアクションは、アプリが提供するファイルで自動的に機能します。

また、既存のSiriKitメッセージインテントを採用するアプリがある場合は、アプリからのカスタムメッセージ送信アクションを介してこの機能が自動的に公開されます。


ショートカットの共有

ショートカットの共有

特別な設定をオンにしなくても、誰でもショートカットをダウンロード可能で、これは、独自のショートカットをWebサイトまたはアプリで配布できることを意味します。

たとえば、アプリのアクションを使用するすばらしいショートカットをユーザーに提供したいとします。これで、そのショートカットを作成してiCloudに共有すると、Appleはショートカットを公証してリンクに変換します。

このリンクは、アプリやWebサイトで紹介でき、ユーザーが簡単にダウンロードできます。

また、ショートカットをファイルとして共有できるようになりました。

これは、iCloudの外部にショートカットを配布する必要がある場合に便利です。

そして、iCloudリンクと同じように、ショートカットファイルは安全を確保するためにAppleによって公証されています。

さらに、ショートカットを iCloud にアップロードせずにプライベートに共有するための新しいモードがあり、連絡先との共有や個人的なバックアップの保存に使用できるようにもなります。


Automator/ショートカット

Automator/ショートカット

Macには、AppleScript、シェルスクリプト、Automatorなど、自動化を深くサポートしてきた長い歴史があります。

ショートカットは、AppleScriptとシェルスクリプトを完全にサポートしています。

ショートカットに直接組み込まれた新しいアクションがあり、ショートカットエディター内で直接スクリプトを記述して実行できます。

Automatorは、反復的なタスクを自動化するワークフローを作成できるMac上の既存の自動化ツールですが、ショートカットはMac自動化の未来です。

しかし、私たちはまだAutomatorとそれに依存するユーザーがいることから、Automatorからショートカットへの移行をできるだけスムーズにするために、ほとんどのAutomatorワークフローをショートカットに変換できる移行ツールが構築されています。

たとえば、Finderで選択したPDFドキュメントから画像を作成する優れたワークフローがある場合、ショートカットはそれをインポートして、各Automatorアクションを1つ以上のショートカットアクションに変えることができます。


Mac Catalyst

Mac Catalyst

Mac Catalystを使用してiOSアプリをMacに取り込む場合、知っておく必要のあることがいくつかあります。

macOS Montereyでは、アプリがMac Catalystで構築されている場合、同じIntentsAPIを使用できるようになりました。

新しいアプリを作成する場合は、すべてがiOSの場合と同じように機能します。

ただし、アプリがすでにMacで利用可能であり、iOSでIntentsフレームワークと統合している場合は、Macに移行する過程でIntents統合をコンパイルした可能性があります。

したがって、macOS Montereyで実行する場合は、コードを監査してこの機能を再度有効にしてください。


Mac Catalyst

Mac Catalyst

iOSとMacの両方に存在するアプリを開発している場合、アクションが両方のプラットフォームで機能するためには、アプリの両方のコピーに同じインテントをデプロイする必要があります。

これにより、一方のプラットフォームでショートカットを作成し、もう一方のプラットフォームでも同じように機能させることができます。

これを行うには、両方のアプリに同じ正確なインテント定義をコンパイルし、インテントが同じ名前とパラメーターを共有していることを確認する必要があります。


ショートカットコマンドライン

ショートカットコマンドライン

macOS Montereyには、ショートカットを一覧表示して名前で実行できるコマンドラインツールも含まれています。

コマンドラインツールまたはスクリプトがある場合は、このインターフェイスを介してショートカットと統合できます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事