NEWS

モリサワ、クラウドフォントサービス「TypeSquare」でヒラギノフォントの提供開始すると発表

モリサワが、クラウドフォントサービス「TypeSquare」に、大日本スクリーンの「ヒラギノフォント6書体」を搭載することについて合意したと発表しています。

両社はこれまで、印刷デザイン業界向けのフォントサービス「MORISAWA PASSPORT」にヒラギノフォントを搭載して販売しており、今回、「TypeSquare」のラインナップにヒラギノフォントが加わることで、印刷物やウェブサイトといったメディアの枠を超えて統一感ある表現を可能にし、利用者の新たなニーズに応えられるとしています。

同サービスにおけるヒラギノフォントの提供は2月中旬を予定しているそうです。


TypeSquareに搭載されるヒラギノフォントは以下の通りです。

・ヒラギノ明朝 ProN W3 / W6
・ヒラギノ角ゴ ProN W3 / W6
・ヒラギノ角ゴ StdN W8
・ヒラギノ丸ゴ ProN W4



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事