NEWS

Tim Cook CEO、秋から2014年にかけて革新的な製品を用意していると説明

AppleのTim Cook CEOは、Apple Financial Results Conference Call Q2 2013の中で、秋から2014年にかけて革新的な製品を用意していると説明しています。しかし、新しいカテゴリーの製品は年内には出ないとも語っています。

今回、Tim Cook CEOは、色々と語っていて、スマートフォン市場は年間14億台になり2012年から2016年間の間で倍増する。タブレットはそれよりも早く成長すると予測しているそうです。

「Appleの重要な目的は「革新的な製品を作ること」で、世界最高の製品は、人々の生活に焦点を当てていおり、業界で最強の生態系をもち、最高の顧客満足度を得ていると説明しています。

また、一部の顧客は大画面サイズを求めているが、画面解像度、画面表示品質、消費電力、アプリの互換性といった全てのバランスを考えていて、他社は、どれかをトレードオフして製品化しているとし、Appleは、こうしたトレードオフを行ってまで、大きなディスプレイiPhoneを発売するといったことはしないと説明しています。

振り返って考えてみて、iPad miniの発表のタイミングは問題ないと思うが、iMacは、もっと後に発表した方が良かった。結果としてユーザーを待たせてしまう事になってしまったと話しています。


その他についての箇条書き

日曜日にiTunes Music Storeは10周年を迎える。

iPadはすべての北米のタブレットのトラフィックの82%を占めていた。

中国におけるApple Retail Storeは2年間で11~22店舗増やすつもり。
iPhone販売でマージン提供したことない。

iPhone 4Sの販成長に追いつくのにやっきでチャネルの販売在庫を増やすのが遅れた。Appleが思っている以上に需要があり、それよりも早く成長したいと思っているが、なかなか難しい(iPhone 5製造に加えて、iPhone 4Sも生産が追いつかない状況継続)

革新的な製品の開発と生産は製造パートナーとの密接に仕事することが重要だが、いずれこうした密接な関係によって、困難な状況が生まれる可能性があり、刺激的なロードマップを実行する上で課題となるかもしれない。

Appleの特徴として、iOSを最新にしているユーザーがかなり多いため、OSの断片化といった問題はあまりない(Androidは古いバージョンの利用者が多い事を暗に指している)


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事