ハードウェア

フリーコム・テクノロジーズのセンサータッチボタン搭載USB 3.0対応ポータブルHDドライブ「Verbatim Executive USB3.0」をチェック

Verbatim Executive USB3.0

Verbatim Executive USB3.0

フリーコム・テクノロジーズのUSB 3.0対応ポータブルHDドライブ「Verbatim Executive USB3.0」をチェックしてみました。

センサータッチボタン搭載し、ドライブ取り出し、暗号化設定、Time Machine開始、指定ドキュメント表示、指定ウェブサイト表示などを設定することが出来ます。


ドライブ本体は、アルミ調のプラスティックボディで、背面にUSB3.0ポートのみというシンプルなデザインとなっています。

表面仕上げが良いので、実際に触るまではプラスティックだと分からないレベルだと思います。


付属品は、約60cmのUSB3.0ケーブルと、スエード調のポーチとなっています。


MacBook Pro (15-inch Mid 2012)と接続した場合、高さがちょうど合う感じで、アルミ調の質感もマッチしていることが分かります。

また、センサータッチボタンの回りにLEDランプがあり、ドライブアクセス状況に合わせて点滅します。


Blackmagic Disk Speed Test

Blackmagic Disk Speed Test

Blackmagic Designのベンチマークアプリ「Blackmagic Disk Speed Test」を使用してベンチマーク計測を行ってみました。

転送速度結果はUSB 3.0接続の場合「Read:112MB/s、Write:109MB/s」オーバーという結果でした。


Verbatim Executive

Verbatim Executive

ドライブ内に収録されているソフトをインストールすることで様々な機能を利用することが出来ます。

「Verbatim Executive」を起動すると、センサータッチボタンを押した時に、特定のファンクションを実行することが出来ます。

ドライブ取り出し、省電力中断、暗号化設定、Time Machine開始、指定ドキュメント表示、指定ウェブサイト表示などを設定することが出来ます。


GREEN BUTTON

GREEN BUTTON

GREEN BUTTONは、Verbatim Executive USB3.0用の省電力ユーティリティで、設定した時間内にドライブアクセスが無い場合、ドライブを一時停止させ、バスパワー駆動時の電力を抑えることが出来ます。


VHD Formatter

VHD Formatter

ディスクユーティリティでHFS+フォーマットにフォーマットし直す事も出来ますが、ドライブ内に含まれている「VHD Formatter」をインストールして作業すると、より簡単にフォーマット作業が行えます。


Verbatim Drive Protection

Verbatim Drive Protection

「Verbatim Drive Protection」を利用する事で、AES256ビットハードウェア暗号化を行うことが出来ます。

ドライブ全体だけでなく、指定した容量だけ暗号化することも出来ます。


VHDEraser

VHDEraser

「VHDEraser」を使用して、1-Pass Zero、2-Pass GOST R 50739-95、7-Pass DOD 5220.22-Mという3パターンのドライブデータ消去が可能です。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事