NEWS

ソフトバンクモバイル、イー・アクセスと経営統合すると発表、イーモバイルのLTE 1.7GHz帯をiPhone 5へも提供予定、テザリングサービスを12月15日から前倒しで提供開始

ソフトバンクモバイルの代表取締役社長 兼 CEO 孫 正義氏と、イー・アクセスの千本倖生会長が共同記者会見を行い、経営統合することで合意したと発表しています。


イーモバイルのLTE 1.7GHz帯(国際的な表記では1800MHz帯)は、iPhone 5で利用可能なLTE 周波数帯のサービスであり、このLTE 1.7GHz帯を提供出来るようにすることで、2013年3月には、iPhone 5対応LTE基地局数が30,000局になると説明しています。


また、iPhone 5向けのテザリングサービスを、当初予定していた2013年1月15日から、2012年12月15日に前倒しして提供することも発表しています。

サービス開始時は2.1GHz帯でのみ提供され、1.7GHz帯はAppleの検証試験に合格する必要があり、来年春頃になるとの見通しをあきらにしています。


パケット定額 for 4G LTEの前々月の月間パケット通信量が1,000万パケット(約1.2Gバイト)以上を超えると当月1ヵ月間通信規制がかかる制限を改め、パケットし放題フラット for 4G LTE、パケットし放題 for 4G LTEと同様に、直近3日間 (当日は含まない) のパケット通信量が839万パケット(約1Gバイト)以上で当日6時〜翌6時まで規制対象」に変更するそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事