iPhone

iPhone 3Gアクセサリメーカー、8月販売店調査

レイ・アウト

レイ・アウト

インターネットだけ見てると、実際、大手販売店では、何がどれだけ在庫されていて、何をプッシュしてるのか分からないので、私は、家電店チラシや、販売店の店舗に出かけて、商品情報を整理するようにしてます。

今回は、ビッグカメラ、ソフマップ、ヤマダ電機を回って、いったいiPhone 3G用のアクセサリーって、どんなのが主流なのか調べてきました。

Macintoshはパソコン販売フロア、iPodはオーディオフロアで展開されているわけですが、iPhone 3Gは、携帯電話販売フロアで展開されてるため、iPhone 3G用アクセサリは、iPodコーナーとは別に展開が行われてます。


Simplism

Simplism

圧倒的な数が陳列されているのは「レイ・アウト」と、トリニティの「Simplism」で、次に「フォーカルポイント」「ラディウス」といった感じです。


あと、iPod touch対応であれば使えるはずのDockケーブルや充電機器類が、同一の場所に陳列されていないか、もしくは、もの凄く種類が少ない店舗が多かったように思います。

たぶん、Apple Authorized Reseller店舗のため、「Made for iPod」ロゴはあっても「Works with iPhone」ロゴも一緒に付いているDock周辺機器が少なく、持っていないDock関連製品を販売して、後にクレームがくるのを避けたいのかも?と考えてしまいました。


SoftBank SELECTION

SoftBank SELECTION

ちなみに、ソフトバンクショップでは、既存アクセサリー類を「SoftBank SELECTION」というブランド名称をつけた形で販売していて、Apple Storeでは、これまた独自ラインナップの「iPhoneストア」で展開してます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事