iPhone

Apple、iPhone 14とiPhone 14 Proのラインナップに衛星経由の緊急SOSを搭載、Appleの米国インフラへの4.5億ドルの投資で可能に

衛星経由の緊急SOS

衛星経由の緊急SOS

Appleが、AppleのAdvanced Manufacturing Fundからの4億5000万ドルの投資により、iPhone 14モデルの衛星経由の緊急SOSをサポートする重要なインフラが提供されると発表しています。

2022年11月末から米国とカナダの顧客に提供されるこの新サービスでは、iPhone 14およびiPhone 14 Proモデルが衛星に直接接続され、携帯電話やWi-Fiの圏外でも緊急サービスとのメッセージ交換が可能になる予定です。

資金の大半は、ルイジアナ州コビントンに本社を置き、米国各地に施設を持つグローバルな衛星サービス企業であるグローバルスターに提供され、Appleの投資は、グローバルスターの衛星ネットワークと地上局に重要な機能強化をもたらし、iPhone 14のユーザーが圏外でも緊急サービスに接続できるようにします。グローバルスターでは、300人以上の従業員がこの新サービスをサポートしています。


衛星経由での探す

衛星経由での探す

グローバルスターとのパートナーシップにより提供されるAppleの衛星経由の緊急SOSサービスは、ITU無線通信規則でモバイル衛星サービス用に特別に指定されたLバンドとSバンドの周波数帯を利用しているそうです。

iPhoneユーザーが衛星経由で緊急SOSを発信すると、時速約16,000kmで地球低軌道を周回するグローバルスターの24機の衛星がメッセージを受信し、衛星は、世界中の要所に設置された専用の地上局にメッセージを送ります。

地上局で受信されたメッセージは、救助を要請できる緊急サービスや、最寄りの緊急サービス拠点でテキストメッセージを受信できない場合は、Appleのトレーニングを受けた緊急スペシャリストによるリレーセンターに転送されます。


Cobham Satcomのハイパワーアンテナ

Cobham Satcomのハイパワーアンテナ

地上局には、カリフォルニア州コンコードにあるCobham SatcomがAppleのために特別に設計・製造した新しいハイパワーアンテナが使用されているそうです。

Cobham社の従業員は、衛星コンステレーションから送信される信号を受信する高出力アンテナの設計と製造を行っていて、iPhoneユーザーは、携帯電話やWi-Fiが通じない場所でも、緊急サービスとのテキスト通信のほか、「探す」アプリを起動して衛星経由で自分の位置を共有できるため、通常の通信網から外れても安心感を得ることができます。

信頼性とカバレッジを高めるため、これらの新しいアンテナは、ネバダとハワイの新しい地上局、テキサス、アラスカ、フロリダ、プエルトリコの既存施設を含む、世界中のグローバルスター地上局に設置されているそうで、各地上局に設置された複数のアンテナが衛星と通信し、ユーザーから提供された情報を中継することで、必要な支援を受けることができるそうです。

iPhoneを衛星ネットワークに接続するために、ユーザーはGlobalstar社が過去20年間米国で運営してきた移動体衛星サービスの周波数帯を利用して通信を行うそうで、Appleとグローバルスターは、地上局のアップグレードと衛星群の更新により、この周波数帯が引き続き緊急サービスを可能にすることを確実にしていくとしています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事