etc / サポート

Apple、サポート情報「Apple Card」を公開

Apple Card

Apple Card

Appleが、サポート情報「Apple Card」を公開しています。

Apple Cardを作成するには、サポート情報「How to apply for Apple Card」によると、18歳以上で、アメリカに居住住所を持つアメリカ市民または認められたアメリカ居住者である必要があります。

また、社会保障番号の最後の4桁、運転免許証または州発行の写真付き身分証明書で本人確認がとれる写真付きIDが必要です。


Apple Card

Apple Card

サポート情報「How your Apple Card application is evaluated」によると、債務を抱えている、借金が多すぎる、収入が借金の支払いに不十分、クレジットスコアが低いなどの場合、申請が拒否される場合があると説明がされています。

サポート情報「How to avoid or lower Apple Card interest charges」によると、年率は信用レベルに基づいて12.99%から23.99%の範囲となります。(2019年8月2日時点)


毎月の残高よりも支払額が少ない場合、ホイールが黄色または赤色に変わり、残高の支払いに役立つさまざまな支払い提案が表示されます。

残りの残高と関連する利息は、翌月に繰り越されます。

Apple Cardにはアカウントを維持するための最低額支払も可能で、ホイールを回して感嘆符が表示されるまでスライドさせ、そこで表示された金額を支払えば維持できます。


titanium Apple Card

titanium Apple Card

サポート情報「Request and use your titanium Apple Card」によると、titanium Apple Cardは、iPhone XS Max、iPhone XS、iPhone XRでアクティベートする場合、簡単に行えますが、iPhone Xより以前のiPhoneの場合は、Walletアプリからアクティベートする必要があるそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事