etc / レポート

Apple 銀座の仮店舗予想

銀座中央通りMMビル

銀座中央通りMMビル

Apple 銀座が入るサエグサ本館ビルが、2022年9月初めに建て替え工事に着手するのに伴い、Apple 銀座は2022年8月末(8月29日)で一時閉店し、代替店舗に移転すると報じられています。

そこで銀座7丁目近辺で移転できそうなビルを調査してみたところ、2つ候補になりそうなビルが見つかりました。

1つ目は、銀座七丁目交差点角地に誕生、ガラス張りが美しい新築テナントビル「銀座中央通りMMビル」がありました。

2022年4月竣工で、1階〜3階までは一括賃貸優先フロアで、1階と2階はスケルトン仕様店舗となります。

現在のApple 銀座から約550m(徒歩約7分)の距離にあります。


ギンザ・タイムレス・エイト

ギンザ・タイムレス・エイト

もう一つは、三陽商会がレーサムに売却し、その後2021年12月に中国宝豊国際に売却された「ギンザ・タイムレス・エイト」(GINZA TIMELESS 8)が空いている状態でした。

テナント募集は行われていないようです。

現在のApple 銀座から約700m(徒歩約9分)の距離にあります。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事