etc / レポート

COMPUTEX 2019:窒化ガリウム(GaN)関連の電源アダプタ類を複数メーカーが展示

Shenzhen Ruijing Industrial

Shenzhen Ruijing Industrial

COMPUTEX 2019において、窒化ガリウム(GaN)関連の電源アダプタ類を展示するメーカーが複数出展していました。

Shenzhen Ruijing Industrialは、AnkerのPowerPort Atom PD 1を製造するメーカーです。

現在のところ、大きさに対する出力が最大のメリットとなるそうで、プラグを折り畳み式に変更すると筐体の大きさ的にメリットが出ないため、まだ着手していないと話してました。


Shenzhen Theone Electronic

Shenzhen Theone Electronic

Shenzhen Theone Electronicも小型USB-C電源アダプタのみが窒化ガリウム(GaN)でした。

将来的にはどうなのか聞いたところ、複数出力ポートモデルではメリットが出せないようで、次期窒化ガリウム(GaN) ユニット待ちだそうです。


VINA International Holdings

VINA International Holdings

VINA International Holdingsは、 次期窒化ガリウム(GaN)充電器は複数完成しているが、まだ従来製品の筐体に入れた状態の物だけだそうで、複数ポートモデルは現状では、やはりメリットが出せないようです。

次期窒化ガリウム(GaN)そのものについては、大きさにメリットはあるものの、複数ポート、熱にはまだ改善の余地があると話してました。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事