etc / レポート

フォト イメージング エキスポ 2009:セコニック、カラーメーター「プロデジカラー C-500」を展示

プロデジカラー C-500

プロデジカラー C-500

コニカミノルタのカメラ事業撤退と共に姿を見なくなったカラーメーターですが、露出計大手のセコニックが、世界初デジタル撮影対応のカラーメーター「プロデジカラー C-500」を展示していました。

色センサーとして R色センサーとしてデジタル用の「Rd」と、アナログ用の「Rf」を搭載し、これらのRセンサーを G・Bセンサーとの併用することで正確なホワイトバランスを算出し、デジタルカメラでも正確なホワイトバランスを出せるようになっているそうです。

ホワイトバランス設定で色温度を指定することは中級以上のカメラでしか出来ませんので一般的な機器では有りませんが、正確なホワイトバランスの有無が後処理の正確さと楽さを決定付けるだけにプロ必携のメーターとなりそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事