etc / レポート

CP+2015:ニコン、バリアングル液晶モニターを採用したデジタルカメラ「COOLPIX S9900」を展示

COOLPIX S9900

COOLPIX S9900

CP+2015において、ニコンイメージングジャパンが、バリアングル液晶モニターを採用したデジタルカメラ「COOLPIX S9900」を展示していました。


軍艦部は、モードダイヤル加え、コマンドダイヤルが搭載され、絞り値やシャッタースピードなどを直感的に変更できるようになっています。

また、両吊りのネックストラップに対応するようになっています。


COOLPIX S9700の後継モデルで、有効1,605万画素の1/2.3型CMOSセンサーや、35mm判換算25-750mm相当F3.7-6.4の30倍ズームレンズ、レンズシフト式の手ブレ補正機能などが踏襲されています。


約92万ドットのRGBW方式バリアングル液晶モニターが採用されています。

外観デザインが、COOLPIX A風のデザインも特徴となっています。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事