etc / レポート

CP+2015:リコーイメージング、世界最小の防塵・防滴デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-S2」を展示

PENTAX K-S2

PENTAX K-S2

CP+2015において、リコーイメージングが、上位機並みの性能を備えた世界最小の防塵・防滴デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-S2」を展示していました。

APS-Cサイズ有効約2,012万画素のCMOSセンサー、画像処理エンジン「PRIME MII」、最高感度はISO51200、レンズマウントはKAF2といった仕様です。


PENTAX K-S2

PENTAX K-S2

PENTAX K-S1の上位モデルで、ボディデザインはオーソドックスな形が採用されています。

グリップ前面に、K-S1には無いサブ電子ダイヤルが搭載されています。


同社の一眼レフカメラで初の3型約92.1万ドットバリアングル液晶モニターが搭載されています。

液晶モニターを180度回転させてレンズ側に向けると、通常のシャッターボタンとは別に設けられた「自分撮りシャッター」ボタンが有効になる仕組みとなっています。


Kシリーズとして初のWi-Fi機能を搭載し、iPhoneアプリ「Image Sync」を使用して、iPhoneからカメラを起動したり、カメラ内に保存してある画像を閲覧、コピーするなど、リモートコントロールすることが可能だそうです。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事