etc / レポート

CP+2015:ニコン、天体専用デジタル一眼レフカメラ「D810A」を展示

D810A

D810A

CP+2015において、ニコンイメージングジャパンが、本格的な天体撮影専用のニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「D810A」を展示していました。

D810をベースに、撮像素子前面の光学フィルター特性を変更し、約4倍のHα線透過率を持ったモデルです。

なお、一般撮影では赤みがかって適切な色再現にならないため、注意が必要だそうです。


D810A

D810A

天体撮影で使用頻度の高い30秒より長い露光時間設定時、ライブビューではシャッタースピードを30秒に設定したとき相当のプレビューを表示できるようになっています。


D810A

D810A

最長900秒まで対応する長時間露光マニュアルモード「M」が搭載され、ファインダー内の水準器表示は、Mモード時には赤く点灯しつづけ、星景撮影の水平出しが容易になるそうです。


レリーズモードをミラーアップに設定すると、電子先幕での撮影が可能になり、先幕の走行やミラー動作による機構ブレを抑え、特に月面撮影などに有効だそうです。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事