etc / Apple Apps

Apple、書き出し時の安定性を改善した「Final Cut Pro 10.5.4」を配布開始

Final Cut Pro 10.5.4

Final Cut Pro 10.5.4

Appleが「Final Cut Pro 10.5.4」の配布を開始しています。

システム条件: OS Catalina 10.15.6以降、4GBのRAM(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集には8GBを推奨)、Metal対応グラフィックカード(4K編集、3Dタイトル、360°ビデオ編集には1GBのVRAMを推奨)、3.8GBの空きディスク領域。


一部の機能にはインターネットアクセスが必要です。料金が発生する場合があります。Blu-rayディスクの作成には、Blu-rayレコーダーが必要です。


バージョン 10.5.4 の新機能
・macOSの特定の“言語と地域”環境設定で書き出すときの安定性が向上
・H.264またはHEVCメディアを再生するときの安定性が向上

その他の修正点に関してはFinal Cut Pro リリースノートを参照して下さい。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事