etc / HomePod

HomePod mini、アップデートで温度と湿度センサーが利用可能になりサウンド認識にも対応

スマートハブ

スマートハブ

Appleが、HomePod miniに関して、HomePod比較の中で、温度と湿度センサーが利用可能になり、サウンド認識にも対応すると案内しています。

HomePod mini内蔵された温度と湿度のセンサーで室内環境を測定できるようになり、ユーザーは部屋が特定の温度に達したときに自動的にブラインドを閉めたり、扇風機をオンにするオートメーションを作成できると説明しています。

温度と湿度センサーは、環境温度が約15°C〜30°C、相対湿度が約30%〜70%の一般家庭の室内向けに最適化されています。

なお、オーディオが大音量で長時間再生されている状況では、精度が低下する場合があります。

サウンド認識は今春のソフトウェアアップデートで提供される予定で、煙と一酸化炭素の警報音を検知できる場合があり、警報音を認識すると通知でお知らせします。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事