NEWS

Microsoft、2023年度第3四半期末までに従業員数を10,000人削減

Microsoft

Microsoft

Microsoftが、世界的な大不況の中でお客様がデジタル投資を加速させたように、現在ではデジタル投資を最適化し、より少ない費用でより多くのことを実現しようとしていて、また、世界のいくつかの地域では景気後退が予想されるため、あらゆる業界や地域の企業が慎重な姿勢を見せているとし、同時に、AI の進歩により、世界最先端のモデルを新たなコンピューティング・プラットフォームとして活用し、コンピューティングの次の大きな波が生まれようとしていると発表しています。

このような状況の中で、Microsoftは、長期的なチャンスに投資しながら、継続的に結果を出す努力をしなければならないとし、コスト構造を収益と顧客の需要に見合うように調整する必要があるとして、2023年度第3四半期末までに、全従業員の5%未満に相当する従業員10,000人を削減するとしています。

今日、いくつかの通達が行われ、重要なことは、いくつかの分野で職務を廃止する一方で、重要な戦略的分野では採用を継続することだと説明しています。

また、会社の長期的な成長と競争力強化のために資本と人材を投入する一方、その他の分野では売却を行い、第2四半期に退職金、ハードウェア・ポートフォリオの変更、ワークスペースの高密度化に伴うリース統合の費用として12億ドルを計上する予定だそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事