Apple Store

Apple銀座仮店舗がオープン #Apple銀座

Apple銀座仮店舗

Apple銀座仮店舗

銀座3丁目にあるサヱグサ本館ビルの建て替え工事により「Apple銀座」は一時閉店し、2022年8月30日から、8丁目にある「HULIC &New GINZA 8」にて仮店舗営業を開始しました。

HULIC &New GINZA 8は、デザイン監修を隈研吾建築都市設計事務所が、設計と施工を竹中工務店が行っています。

Appleが、店舗の改装を行うために一時的な仮店舗営業を行った店舗としては、Apple SoHoApple Fifth AvenueApple Regent Streetなどの基幹店に加え、Apple PasadenaApple Brent Crossなど結構あります。


Apple銀座仮店舗

Apple銀座仮店舗

日本初の耐火、木造+鉄骨造のハイブリッド建築による12階建て商業施設で、外装材には天然木のルーバーがあしらわれています。

また、貸室の柱・梁などに耐火集成材が使用されています。

1フロアの床面積は約52坪で、1フロアの床面積が約62坪のApple渋谷より小さい店舗となります。


Apple銀座仮店舗フロア構成

Apple銀座仮店舗フロア構成

Apple銀座仮店舗は、地下1階から地上3階までを店舗として使用しています。

1階がiPhone/iPad/Mac、2階がPhone/iPad/Mac/Apple Watch、3階がGenius Bar/アクセサリ、地下1階が製品受取とToday at Appleとなっています。


HULIC &New GINZA 8

HULIC &New GINZA 8

HULIC &New GINZA 8ビルのテナント看板を見ると、1Fを示す部分にAppleロゴがあり、B1Fから8階までがグレイカラーとなっているため、実際には8階まで借りているようです。

ビルのテナント店舗を示すフロアフガイドにも、9F、10Fが無記名となっていて、さらに上には新橋銀座しらゆり歯科が入っています。


Apple銀座仮店舗

Apple銀座仮店舗

Apple銀座仮店舗は、HULIC &New GINZA 8に入っている他のテナント店舗も共用として利用可能なエレベーターが2基あり、そこにアクセスしやすいように裏にも入り口があり、そちらからもApple銀座仮店舗に入店することが出来るようになっています。


Apple銀座仮店舗は、今回、プレス向けに店舗内の撮影が許可されませんでしたので、並んでいたGadgetouchリスナーのツイートを紹介しておきます。

今回の仮店舗は、あくまで仮店舗で常設店舗としての位置づけではないため、借室内をなるべく維持した店舗として施行されていて、天井にある蛍光灯照明は、Apple Premium Reseller 2.5デザインでも採用されている米国から輸入された特別仕様となっています。

また、天井の高さを出すために、敢えて天井をおこさず剥き出しで使用している関係上、つうじょうは天井裏に隠れていて見えないビジネス向けWi-Fiアクセスポイント(メッシュが組まれている)や、Meyer Soundのスピーカーやウーハーシステムを見ることができます。



sponsored by Belkin



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事