Apple

Apple、2020年に App Store で不正取引の疑いのある15億ドル以上阻止

Appleが、Appleの洗練されたテクノロジーと人的なノウハウの組み合わせにより、App Store のユーザーは2020年だけで、金額にして15億ドルを超える不正行為と見做された取引から身を守ることができたと発表しています。

これは、ユーザーの資金、情報、時間を狙った窃盗行為を未然に防ぐと共に、リスクが高く、脆弱な要素を含む新しいアプリケーション約100万本を、ユーザーの手に渡らないようにした結果だそうです。


2020年には、約95,000本のアプリケーションが不正行為を理由に App Store から削除され、そのほとんどに「おとり商法」が仕込まれていたそうです。

2020年以降、Appleは10億件以上の評価と、1億件以上のレビューを処理し、2億5000万件以上の評価とレビューについては、中立的な基準を満たさないとして削除したそうです。

また、最近になって「評価とレビュー」を行っているアカウントが真正であることを検証するために新ツールを導入し、投稿されたレビューについて詐欺の兆候がないか分析したり、非アクティブなアカウントから投稿されたコンテンツを確実に削除するようにしているそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事